分割実行

新設分割型分割につき質問があります A社は2つの事業(A・B)を行...分割実行

融資分割実行時の住宅ローン控除について質問があります。
以下の状況の場合、確定申告の時期は2016年の3月で良いでしょうか?現段階で、年末調整についても特に申告が必要ないと思っているのですが、正しい認識でしょうか?現在住宅建築中で、2015年1月に引き渡し&入居予定です。
土地、建物合わせて住宅ローンの融資を受けており、分割融資実行としました。
分割融資=入居までの間は、それまでに融資を受けた金額の利息だけを支払い、入居後から利息と合わせた返済が始まるというものです。
住宅ローン控除について調べると、「入居時から」10年間の控除ということで、控除初年度に必要となる確定申告も、入居日を起点とした考えで良いと思っています。
つまり、2016年に確定申告すれば良く、年末調整についても2015年分から申請すれば良いと思っていますが、間違いがあれば教えてください。

平成27年分を平成28年1月から還付申告。
年末調整で適用されるのは、2年目の平成28年分から。

2014/11/8 16:51:31

住宅ローンの分割実行中です。
2回の融資は終わり、最後の融資は5ヶ月後です。
4ヶ月前から口座繰越を続けてローン40万になりました。
明日全額返済するつもりですが、審査でバレて融資をして貰えないですよね?誰か教えて下さい。
補足<分割実行中というのは、つなぎ資金が実行されていて最終の住宅ローンにて完済といことでしょうか?kinokokun15さんの解釈で間違いありません。
<口座繰越の意味を教えてもらえますか?カードローンの機能があるキャッシュカードを利用しているため、口座の残高不足分が借入になってしまいました。
<バレることで融資してもらえなければどうする予定なのか?残りの融資額1200万を他で借りれるとも思えないですし。
自分でもどうしたらいいのか分かりません。

土地にteitoukennwo付けての分割実行ですよね?その場合は気にしなくてよいですまや口座繰越が貴方の定期からの自動融資なら全く気にしなくてよいです以上、tiginnnoローンセンターに勤務する現役でした

2018/5/17 00:27:15

返信ありがとうございます。口座繰越は、定期からの自動融資ではありません。>

注文住宅を契約し、夫婦連帯債務として銀行での住宅ローン本審査も承認、団信の申し込みも告知を行い承認いただいております。
12月中旬に土地決済、それから着工時、中間金、来年4月末の引渡時決済と4回の分割実行も銀行にお願いし、OKをいただいております。
そんな中、妻に子供が欲しいと言われました。
個人的には住宅の引渡完了後までは控えた方が良いと伝えたのですが、どうしても欲しいそうです。
そこで質問なのですが、住宅ローン本審査通過後から融資実行までの間に妊娠することで、融資実行がなされないという事はあるのでしょうか?最短で今月ないし来月に妊娠したとして、引渡となる来年4月には妊娠6~7か月となり、産休直前くらいかなと思われます。
もし、子供を優先するのであれば、今ならまだ手付放棄程度の損失で済むので最悪それも考えておりますが、せっかくここまで各種手続きやHMさん、銀行の担当者さんにお世話になったので、住宅を建築し、引渡が完了してからにするべきだと感じております。
妻が産休・育休・専業主婦となった場合のお金の心配はご無用です。
一般的に住宅ローン本審査通過後、融資実行までの間に妊娠となった場合の融資実行への影響はあるでしょうか?

分割実行の初回さえ終わっていれば大丈夫です、早めに金消をすることを勧めます。
最後の手続きではお腹も目立つと思います。
夫婦連帯債務ですから、育児休暇後に専業主婦になるのはNGです。
復帰条件が付く場合があります。
専業主婦になる予定なら今からでも単独債務に変更を勧めます。
ローン控除を考えてもその方がお得です

2017/11/23 19:11:16

八王子→高崎に行く場合、「乗車券分割プログラムの実行」( bunkatsu.info/cpg.cgi )を使って、どれだけ安くして行けるか調べた結果、以下の写真の通りに通りなりました。
すべて八高線内の駅で区切った買い方が表示されていますが、この場合は必ず八高線の方を通らないといけないのですか?中央線・上野東京ライン(高崎線)経由はダメですか?ちなみに、これら5枚の乗車券で中央線・上野東京ライン(高崎線)経由する場合、「あずさ」号や「草津」号といった、特急の“自由席”に乗ることはできないんですか?(やはり車掌に何か言われるんですか?)

分割すると1つずつが乗車券のルール適用になるわけで、八王子から毛呂まで新宿・川越経由で行っても高崎経由で行ってもいいわけです。
毛呂からは毛呂~竹沢の乗車券に切り替わるので、かりに八王子経由でも、別の乗車券を利用してるわけだから、問題ないわけです。
ただ、トラブルになりやすい気はするので、素直にきちんとした経由で分割プログラムをやりなおして、その買い方で行かれることを勧めたいです。
よく大回りする条件として説明できることを挙げる方がいます。
説明とは規則をタテに相手を論破することではありません。
特殊な買い方ほど、「説明」できることは求められると考えます。
つないでようと1枚だろうと乗車券の効力は同じですので、指定だろうがグリーンだろうが問題なく乗れます。

2018/6/12 23:55:02

スーパーパイプラインパイプライン処理の各ステージをさらに細かく分割し、並行して実行することができ、高速化する方式をスーパパイプラインといいます。
とありますが、並行して実行することによって、動作を高速化できるのはなぜですか?

>並行して実行同じ仕事を一人でやるのと誰かが手伝ってくれるのとでは当然結果が違いますよね?CPUも仕事を細分化して、空いてる人に先行して仕事をしてもらうように割り当てています。
例えば、200ページコピー御願いされたら、書類を一部ずつ渡してくれる人、出来たものをまとめてくれる人がいれば、全部一人でやるより効率よく作業できます。

2014/3/22 17:56:47

自宅の売却で遺産分割協議書の代償分割を実行する場合にかかる税金について2年前に親から相続した自宅(土地路線価5000万建物300万)を5~10年後に売却を検討しています。
相続人は子3人で家屋全部と宅地4/5(240m2相当を小規模宅地の8割減で相続税申告)を子供C(独身)が相続し、子供A(家族あり)は宅地1/5を共有で相続、子供B(家族あり)は遺産分割協議書で1600万の代償分割(C→B)を取り決めました。
ところが代償分割の支払期限(来年末)にCは散財が多く支払の目処が立ちませんので、1600万相当の宅地1/5をB名義とすることを検討しています。
子供Aは建物にも1/5の名義を贈与(C→A)してもらう。
この場合、各人にかかる税金はどのようなものがあるでしょうか?【Bが1600万相当の宅地1/5を共有名義とする】売買扱いとなるので、Cには長期譲渡益課税が課税されるとしても自宅の売却で3000万の控除を適用できて課税なし?Bには不動産取得税4%と登録免許税1%が課税されるので80万の課税?【Cが家屋1/5(60万)をAに贈与する】暦年贈与枠内でCには贈与税がかからない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上記の手続きが終わりAは当該家屋に引越し自宅としてCと同居し数年過ごす。
その後、家屋と宅地を第三者に売却した場合にかかる税金について。
仮に6000万で売却できた場合。
【AとCは自宅の売却となるので】それぞれ自宅の売却で3000万の控除を適用できて課税なし?【Bは自宅の売却とはならず】6000万x1/5=1200万で売却したとしても、1600万で取得した土地なので譲渡益は発生しないので課税なし?この理解で宜しいでしょうか?他にも良い案があれば、教示の程、お願いします。
補足小規模宅地80%評価減で基礎控除内に収まっていましたので相続税はかかっていません。
また「この特例を受けることだけを目的として入居したと認められる家屋」と認定されないと思います。
何故なら、そこに住む事を目的にリフォームするからです。
Cの一人暮らしで家屋がゴミ屋敷になっているのを改善させるのが主目的です。

ポイントは★・■・●の3点あると考えます。
★相続が発生した。
下記のように相続人A・B・C3人で合意し、「遺産分割協議書」を作成した。
相続税の申告を済ませた。
この時点で相続は、完了した。
■相続人全員の合意したので、「遺産分割協議書のやり直し」をしようと思う。
新たに遺産分割協議を行なえば、過去の遺産分割は、はじめから無かったものになります。
但し、再度の遺産分割協議をした場合には注意点があります。
それは、遺産分割協議のやり直しで遺産を譲渡したときに、税務署から相続で遺産を譲り受けたのではなく、新たに贈与で財産を取得したと判断されることになりますので、この点には注意が必要となります。
相続税の申告までしていると、税務署は、相続人の誰がどの財産を相続して持っているのか把握しているので、その後の財産の移動を贈与と判断されるようです。
更に、税務署は、不動産の動きを把握しています。
従って、その際の評価額は、相続時の評価額ではなく、贈与した年の固定資産税の評価額です。
現行は、・Cは、家屋全部100%と宅地4/5を相続・Aは、宅地1/5をで相続・Bは、Cから1600万円の代償分割改正案は、・Cは、家屋4/5、宅地3/5相続。
・Aは、宅地1/5、家屋1/5相続。
従って、Cから家屋1/5の評価額の贈与があったと見なされ、Aに贈与税と不動産取得税が課せられます。
・Bは、宅地1/5。
従って、Cからの宅地1/5の評価額の贈与があったと見なされ、Bに贈与税・不動産取得税が課せられます。
他に登録免許税、司法書士に依頼するとその報酬と実費●相続した不動産の売却です。
相続により取得した不動産ですので、親が購入してから5年以上経過していると思いますので、「長期譲渡所得」となります。
計算式は、国税庁>www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3208.htm No.3208 長期譲渡所得の税額の計算 を参考にして下さい。
親が購入した際の「売買契約書」はありますか? 無いのでしたならば、譲渡価額の5%が取得費、従って、6000万円で売却と仮定して、300万円が取得費です。
課税長期譲渡所得金額=6000万円-(300万円+譲渡費用)-特別控除3000万円さて、マイホームを売却すれば特別控除が適用されますが、現在Cが、10年以上居住中?そうならば、www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3305.htm No.3305 マイホームを売ったときの軽減税率の特例www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm No.3302 マイホームを売ったときの特例 が適用されるるでしょう。
しかしながら、Aは、「この特例を受けることだけを目的として入居したと認められる家屋」と認定されそうですので、適用除外でしょう。
それぞれ3者に持分に応じた譲渡所得が課せれます。
この事案の問題点は、Cからの1600万円の代償分割です。
代償分割は、誰でもそうですが大きな負担です。
Cの資産を事前に調べましたか? そこで提案ですが、「相続税の申告を済ませた」と言われてありますが、「相続税」が課せられたのでしょうか?そうならば、売却の意思がある訳ですので、相続した土地を売るなら、相続税が取得費に加算される特例があります。
所得税には、相続してから3年10ヶ月以内なら「相続税が取得費に加算される特例」という制度があります。
詳細な計算式につきましては税務署或いは税理士にお尋ねください。
その売却代金からCは、代償分割出来ませんかね?<補足に関して>「Aが居住する為にリフォームする」とか書いてなかった上に、「上記の手続きが終わりAは当該家屋に引越し自宅としてCと同居し数年過ごす」「その後、家屋と宅地を第三者に売却」と書いてありました故に、居住年数数年では厳しいとの印象を持ちましたので、適用外と記しました。
すると、AとCは「マイホーム特例」が適用されますね。

2013/7/18 22:25:27

今年の1月に新築の家が引き渡しとなりました。
住宅ローンは昨年10月から支払っています。
確定申告での住宅ローン控除は平成30年2月にある確定申告を申請したらいいのですか?全く初心者でわからない事ばかりです。
ご教授お願い致します。

初回全額実行か分割実行で昨年、融資実行をして年明けに完成した、この場合は、貴方の考えの通り30年2月の確定申告です。
住宅ローン控除はほとんどの方が初心者です。
安心してくださいね。

2017/10/18 01:06:11

CPUの処理時間を微小時間に分割し、それを実行可能な状態にあるタスクに順に割り当てることをなんといいますか?

タイムスライシングといいます。

2013/2/19 19:08:21

住宅ローンをこれから借入れるのですが、事情があり、半年間元金据え置きにしてもらおうと思っております。
元金据え置きしなくてもなんとか払ってはいけるのですが、元金据え置きは損なのでしょうか。
ブラックリスト?に載るのでしょうか。

分割実行や初回全部実行ですか?元金据え置きは延滞扱いにはなりませんので、ご安心下さい。
損得で言えば損です。
例えば35年ローンなら、420回で払う所を414回で払うのですから月々の返済額は高くなります。
そこだけ見ると同じですが、半年分の利子の負担が元金sueokiniすることで多くなりますから、損よ言えば損です。

2017/10/24 07:57:41

新設分割型分割につき質問がありますA社は2つの事業(A・B)を行っています今回実行しようとしているスキーム(下記1及び2)1 新設分割型分割により新たにB社を設立してA社のB事業だけをB社に移転して移転対価としてB社株式をA社が取得(この時点でA社・B社は100%親子関係)2 上記1の後A社所有のB社株式を第三者であるC社に売却 (この時点でC社・B社は100%親子関係) 上記1実行時にいったんB社を設立することになりますが これはいわゆる現物出資になりますか?またB社設立の際に計上するB事業(資産及び負債)の金額はどのように決定し、また通常誰が決定するもので しょうか? 会社が好き勝手な金額を計上してしまうのは問題ありと考えていますがどうなんでしょうか? 詳しい方いらっしゃいましたら回答頂けると助かります宜しくお願い致します

サックリ、簡単にだけ答える。
忙しいからな(笑>1 新設分割型分割により新たにB社を設立してA社のB事業だけをB社に移転して移転対価としてB社株式をA社が取得(この時点でA社・B社は100%親子関係)B社の株式をA社が収得する場合は、〝分社型新設分割〟であって、〝分割型新設分割〟の場合は、A社の〝株主〟にB社の株式を交付することになる。
従って、質問の一発目から間違っている為、回答が付きにくくなっている。
また、会社分割の場合は、あまり〝移転対価〟とは言わない。
営業譲渡や事業譲渡と会社分割は別物である。
>2 上記1の後A社所有のB社株式を第三者であるC社に売却(この時点でC社・B社は100%親子関係)B社株式をグループ外の第三者に売却した場合、当然のことながら、売却益に税金がかかってくる。
するとA社の税務上のメリットがあまりなくなるが???また、それならば、最初からA社の一部をC社に営業譲渡すればいいことである。
一方、分割型新設分割の場合、A社ではなく、A社の株主にB社の株式が渡っており、それを売却するのであれば、A社に売却益の課税はされない。
なので意味はあるが。
会社分割後の営業譲渡は、企業再生等でよくつかわれる手法だが、ちゃんとやらないと適格分割に認められなくなったりするので、きちんとした専門家をいれて行ったほうがいい。
>現物出資になりますか?ならない。
現物出資と会社分割は、株式を受け取るという意味で似ているが、違うものである。
現物出資とは、あくまで出資行為であって、会社分割は、企業組織の再編である。
また、当然、手続きも違う。
例えば、消費税は現物出資に課税させるが会社分割は課税されない。
また、現物出資は検査役の検査が必要で、500万円を超えてくると裁判所の選任した検査役のチェックが必要になる。
現物出資は、あくまで〝個別の財産〟の出資行為になるが、会社分割は、会社のひとつの部署や機能組織を包括的(ワンパックとして)に承継させるもので、権利と義務も移動することである。
移動の資産に土地等がある場合は、不動産取得税のかからない要件がそれぞれで違うので注意が必要である。
>またB社設立の際に計上するB事業(資産及び負債)の金額はどのように決定し、また通常誰が決定するものでしょうか?適格会社分割の場合はA社の帳簿の簿価が基本。
譲渡損益も発生しない。
非適格分割の場合は、時価を基本とする為、譲渡損益は発生する。
また、C社にB社の株式を売る際の値段は言い値。
基本ね。
一方で支配構造や権利義務の移動のともなう株式の売買、つまりM&A等の場合は、契約時にデューデリジェンスといって法的、会計的チェックをする。
で・・・普通は、純財産評価方式や収益還元方式、DCFとか類似企業を係数に入れたりして、〝会社の値段〟をはじき出す。
>会社が好き勝手な金額を計上してしまうのは問題ありと考えていますがどうなんでしょうか?適格分割にならないので税務上のメリットが少なくなる思う。
急いで書いたので、間違っているところありかもな。
企業再生は詳しいけど会計上の詳細ポイントなら、専門家(会計士)にちゃんと聞いたほうがいい。

2017/1/30 03:55:21

-分割実行

© 2020 中国が民主化すれば世界は良くなる件