段階金利

マイナス金利とマイナンバーで、耐火金庫が馬鹿売れだそうですが、タ...段階金利

安倍政権の経済政策は間違っているよな?転載しておくよ高額の供託金で金持ちや大企業のバックがある奴しか政治に出れなくなってるってのもあるでしょうね。
金持ちや大企業からのバックがある新自由主義政党、宗教、すでに集金体制がある政党しかなくなってて、 新自由主義政党が国会で多数を占めれば、後はその政党間の八百長ですね。
どうでもいい問題で対立を作り、バックに配慮するところはコソコソ一致団結して挑む。
TPPとか法人税減税消費税増税は自民民主維新みんな賛成です。
そして、新自由主義と言って規制をどんどん緩和すれば景気が良くなると言われた時期があったのですよ。
で、法人税減税をすれば設備投資が増えると考えられてました。
実際は2012年2015年に法人税を下げ、その原資とするために消費税を2014年に上げました。
下げた法人税分+消費税増税で落ちた消費分設備投資が増えてやっとトントンなのですが、全然増えてません。
これは企業会計が現金で貯めこむのと、設備投資などをするのが等価だからです。
法人税もどちらでも基本等価です。
だが、法人は設備投資するかは景気動向で決める傾向が強いから景気が悪い時に法人税下げるとがっつり現金で貯めこんでさらに景気を落とす。
現に資金過不足統計を見れば、法人税下げれば下げるほど企業の資金余剰が増えている。
現金と、設備投資や株主還元、従業員への新たな還元と税金分けるべきでしょう。
具体的には高い法人税+投資減税、2段階税制、低い法人税+留保金課税(利益の使用計画がないものに追加で税金をかける)アメリカは留保金課税がありますし、また、資金調達も貸し剥がし懸念がない、株式での調達が活発です。
だから景気がいいのだと思います。

どうも任天堂の株主です。
任天堂および岩田聡前社長に対する数々の暴言を懺悔します。
今までのご無礼をどうかお許しください。

2016/8/24 23:03:23

マイナンバーとマイナス金利で家庭用金庫が売れているようですがとうとう老人ホームにも設置されるようになったようですこれは マイナンバーと銀行預金が使用できないという老人の意思表示で置かれたものでしょうかね?

マイナンバーとマイナス金利で銀行預金が信用できなくなるのは紛れもない事実ですね。
但し、対策として金庫 これだけでは説明不十分です。
正確には 円資産でない外貨や貴金属を購入して自宅の金庫に置くのです。
円の価値が下がれば下がるほど被害を免れる資産です。
マイナンバーもマイナス金利も出所と目的は同じです。
日銀総裁は財務省出身 日銀と財務省と総務省を同じ意思を持つ共同体と考えればよいです。
その目的は「国の借金を増やす原因となった天下りなどの官僚利権を維持して国民に負担を押し付けること」にあります。
具体的方策としては①金利を下げること②円そのものの価値を落とす金融緩和をすること③円の価値が落ちれば物価が上がるのでデフレ脱却達成と言って消費税増税すること④マイナンバーで預金封鎖の準備をすること①と②をして国民がいじめられ官僚が潤うのは間接金融を通して国債の債権者の大半は国民だからです。
次にマイナンバーについて住基ネット時代に国民に隠れて様々な情報を紐付ける予定でいたことは判明しており職歴、社会保険、財産、車の保有状況、病歴、納税状況、など様々な項目を管理対象にする計画がありました。
これとは別に省庁再編前の大蔵省時代から預金封鎖が検討され始めていたため官僚達が海外で資産運用を始めていたことも明らかになっています。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315291440...マイナンバー制度では巨額の利権がありシステムやカードの受注業者のうち1社を除いてすべてが自民党に政治献金をしていることが明るみに出ていますが、このような事情のため住基ネットの計画が放棄されマイナンバーに置き換えられたことを考えれば将来は法改正で国民の財産を調べようとするでしょうしその時こそ心配すべきです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315530387...こちらで触れた【国民総背番号制を使って預金封鎖をかける計画は平成9年から大蔵省で検討が進んでいます】【だからこそ平成14年2月に民主党の五十嵐文彦がネバダレポートを持ちこんで消費税20%だの預金30~40%カットだの10項目に渡るIMF(国際通貨基金)案を提示したときに、当時の大臣である塩川正十郎や竹中平蔵が「おっしゃるとおり厳しい認識を持っております」と答弁しています。
】ですが、 ネバダレポートとは以下のようなものです。
1 公務員の総数の30%カット,給料30%のカット,ボーナス全てカット2 公務員の退職金は100%すべてカット3 年金は一律30%カット4 国債の利払いは,5~10年間停止5 消費税を20%に引き上げ6 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ7 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税8 債権・社債については5~15%の課税,株式は取得金額の1%を課税9 預金は一律1000万以上のペイオフを実施10 第2段階として,預金額を30%~40%を財産税として徴収これは2002年ですが、この後IMFの副理事の椅子を日本の財務省OBが占めるようになってから公務員の身を切る改革がでなくなり消費税増税だけを言い出すようになり、あわせてマイナンバー制度を官僚が進めるようになりました。
天下りなどで増えた借金を処理する場合に、今まで国の借金を増やして来た官僚の天下りや渡りを改めることなくすべてを国民が背負ってくれと言う意思表示と見ていいのではないですかね? こんな制度に危機感を持たずに全体主義を歓迎している人がいる限り善良で無知な国民の家計は確実に破局に向かうと思いますよ。
以上のことを考えれば ①~④のような官僚の狙いに対抗するにはお金を使わずに 円以外の資産でかつマイナンバーで捕捉されない資産を保有するは筋の通った考え方になります。

2016/6/9 16:08:10

真言宗に詳しいかたよろしくお願いします。
おみくじで金利がよいと出ました。
仏教で金利とは何を指すのでしょうか。
よろしくお願いします。

文字通り、お金に利が付く、の意味だと思われます。
つまり、投資したら儲かる・・・。
仏教のことではありません。
ちなみに、仏教が商人層によって支えられるのは、実際には大乗仏教以降のこと。
祇園精舎の例は、かなり例外的です。
初期の教団を経済的に支えていたのは、商人階級ではなく、王族です。
例えば竹林精舎やマンゴー林の苑など、いくつかの精舎の名前が登場します。
しかし、この時代の精舎は、単なる林であったと思われます。
祇園精舎も同様だったのです。
実際にインドの「お釈迦さんの縁故地」には、紀元前5~6世紀の建造物の遺構はありません。
ラージギルの鷲の峰山頂には、多くの岩が露出しており、修行僧たちは岩陰や岩と岩との隙間で寝泊まりしていたようです。
そのため、僧院は「チャイティヤ」と呼ばれておりましたが、その意味は「岩の割れ目」なのですよ。
仏教は初期段階から「財産」を保有することを禁止していました。
「価値のある者には触れてはならない」という意味です。
修行僧が持ってよいのは「三衣一針」、つまりぼろきれを縫い合わせた布を三枚と、それを縫い合わせるための針が一本、そしてせいぜいが水の容器だけでした。
西域で交易路が確立されて以降、「商品や金銀財宝」しか持たない商人階級が、交易の安全を願って修行僧らにそれらを寄進しようとしましたが、それを禁止したグループと、容認したグループとに分裂します。
後者が大乗仏教と呼ばれたのです。
大乗仏教の登場は、紀元前後だと思われます。
それ以前には、「利があるかどうか」というような経済的利益については、仏教は全く無関心でした。
なお、修行僧らが得ていたのは、托鉢によって得られるその日の食事だけです。
そして、その食事は、通常は一般家庭の「残飯」でした。

2018/1/5 07:14:57

回答ありがとうございます>

4月以降も物価が上昇しなければ日銀はマイナス金利を拡大するでしょうか??

マイナス金利は円高ですから ないなあ。

2016/3/26 15:56:33

フラット35のローン金利を1%前後引き下げるという件で質問です。
現在フラット35S(バリアフリー)でローンの本審査申し込み中です。
今回の経済対策が適用された場合、どの段階だと金利引き下げ条件で利用可能でしょうか?住宅版エコポイントは2010年着工と記載されていますが、こちらについては詳しい情報がないので、詳しいかた回答お願いします。
①2010年着工、②2010年本審査申し込み、③2010年融資実行、④その他

③じゃないですかね。
詳しいことはまだ判りませんが、自民党の補正予算で、-0.3%優遇が出た時は、補正予算成立後、融資実行が対象だったと思います。
www.flat35.com/topics/topics_20090427.html詳しくは、2次補正予算成立後に明らかになると思います。

2009/12/10 01:31:31

株の源泉徴収なしの場合の税金について教えてください。
売買にかかった手数料や信用金利は源泉徴収ありの場合は自動的に経費に計算されると思うのですが、源泉徴収なしの場合はどうやって経費にするのでしょうか?

確定申告用紙作成の段階で経費を記載する箇所がありますよ。

2018/1/23 18:19:06

簿記2級の社債の問題がわかりません。
アドバイス頂けないでしょうか?A商事株式会社(年1回3月末決算)は、13年3月31日に額面総額30.000円の社債を額面100円につき99円で買入償還し、現金で支払った。
なお、この社債は11年4月1日に額面100円につき98円で発行したものである。
当該社債の償還期間は5年であり、額面金額と払込金額との差額(金利調整差額)は償還期間にわたって定額法により月額償却している(社債発行費は無視)テキストの解答は、(社債利息) 120 (社債) 120(社債) 29640 (現金) 29700(社債償還損) 60となっています。
自分の解釈としては、金利調整差額は、30000 - (@98×300口) = 600円一年分の償却額は、600円 ÷ 5 = 120円11年4月1日時点で、払込金額が29400円、12年3月31日時点で1年分償却額が足されて、29400 + 120 = 29520円13年3月31日時点でも1年分償却額が足されて、29520 + 120 = 29640円社債の買入額(貸方の現金)は、@99 × 300口 = 29700円、社債の帳簿価額(借方の社債)は、13年3月31日時点では29.640円で29700 - 29640 = 差額(借方の社債償還損)60円になると思います。
わからないのは、3段ある仕訳の内で一番上段にある(社債利息) 120 (社債) 120です。
テキストの解説だと、この仕訳は当期分の調整額 600円 ÷ 5 = 120円とあるんですがなぜ、当期分がかかるのかわかりません。
社債を買入れたのは(29700円)、13年3月31日の決算日に買っています。
当期分は12年4月1日~13年3月31日の1年間、すでに29520 + 120 = 29640円の部分で加算されているので(社債利息) 120 (社債) 120の仕訳をしてしまうと12年4月1日~13年3月31日の期間の加算が二重にされているように思えてしまいます。
自分としては、(社債) 29640 (現金) 29700(社債償還損) 60という仕訳か、(社債利息) 120 (社債) 120(社債) 29520 (現金) 29700(社債償還損) 180となってしまいます。
うまく解説できる方おられましたら、アドバイス頂けないでしょうか?

一番上の貸方 社債利息 120借方 社債 120これは×13年3月31日に買取するときに切られた仕訳です買い取られる前の社債金額は×12年3月31日に切られた貸方 社債利息 120借方 社債 120だけですから社債の金額は29400+120で29520円となっています質問者様の言うとおり、買い取られる直前の社債金額面は、実際に利息調整2年分ではなく、利息調整前の計上29520円ですから、一年分の利息を調整する仕訳貸方 社債利息 120借方 社債 120を切ります。
ここでやっと29520+120で、問題分の29640円が出てきます。
多分、社債購入直前に上記の仕訳が処理されていると質問者様は考えたので、二重だと思ったのでしょう。
本来ならば、すべての取引が終了した後に利息調整の仕訳を切ります。
しかし、前段階で購入するという行為を行っているので、利息調整の仕訳がまだなされていないので、問題の解答のように、利息調整の仕訳が必要となります。
わかりにくい点があれば、返答お願いいたします

2014/6/29 11:39:46

失礼しました、貸方、借方の仕訳が全部反対でした。正しくは
借方 社債利息 120
貸方 社債   120
です  >

マイナンバー制度が導入された本当の目的は国の借金を国民に負担させるため国債の支払いや他国に思いやり予算を出すために国民個人の預金口座や個人資産を封鎖(預金封鎖)するために作られたものだと言う事実が認識浸透してきたようですが預金をする意味がなくなってきたのではないでしょうか?口座開設にも個人情報提供 低金利 円安 金融緩和で実所得のないインフレ国家としては 国民が馬鹿のまま財産を取りあげたいだけなのですか?

おっしゃる通りです。
現自民党政権は間違っても国民を幸せにするものではないと肝に銘じておくべきです。
アベノミクスは国民生活の観点から言えば失敗ですが、日本の政治を牛耳っている官僚からすれば大成功です。
なぜかと言うと国民の利益は既得権益層の損失であり、国民の不利益は既得権益層の利益であると安倍政権も官僚も日銀も認識しているからです。
国の借金を増やした官僚組織は身を切ることなく、国民に身を切らせようとしている。
特殊法人や公益法人への天下りや我儘放題の予算陳情はそのまま維持し、肥大化した組織を維持するために作った借金を全て国民に押し付ける。
調整インフレで国の借金を目減りさせかつ増税する。
そのためにアベノミクスを必要としている。
それに気が付かないで「ともに繁栄していくことを政権が目指している」と思い込んで安倍政権を支持している一般国民が哀れなだけです。
これとは別に日本はデフレが続いていたと言われており、「お金が回らないから景気が悪く雇用も賃金も好転しない」と言う認識を最大限悪用します。
お金の回りを良くするには、他にも方法はあります。
官僚達が身を切る改革をして、国の債務増加を抑え国民の将来不安を軽減させてかつ身を切る改革の余剰資金を減税などに回し個人消費を増やす方法が正道でしょう。
それをやらずにお金の価値を落として「貯蓄は悪」と言う宣伝を行い国民の個人金融資産を消費なり増税なりで吐き出させる。
それだけのことです(中には貯蓄税を課せなんて言う人もいます。
本気でやれば銀行から皆預金をおろして大騒ぎになるのでやらないと思いますが国民に「財産を持つことは悪である」と思われる印象操作だと思います)。
北欧型社会では消費税が高いですが医療費や学費が無料など国民に還元されますが、そんなことをする気は毛頭ありません。
増税をセットにしてやらずぼったくりの国民財産巻き上げがアベノミクスの本質でしょう。
国民から見たアベノミクス失敗の根拠は以下で書きました。
qa/question_detail/q111672152...最悪のシナリオは預金封鎖になると思います。
今の預金は持っているだけで目減りします。
日銀が目指す物価上昇目標に比べて金利が異常に低い。
それなのに日銀が「円高是正」などと言っているですから外国人からすれば日本の銀行預金ほど馬鹿馬鹿しいものはないでしょう。
円安にすると言っていること自体が問題です。
数年後に「今になって思えば円資産を持つことは愚かだった」と言うのとは異なり、今現在「円建て資産を持つことは愚かなことだよ」と日銀が宣伝しています。
これは国債も同じことが言えるはずなのですが日銀自身が金融緩和で債券市場を操作しているために投機取引の場として暴落しないだけです。
それもこれも金融緩和から消費税増税の方向性を作りたいだけなのですが、今度は出口がありません。
金融緩和をやめるときに損失を免れたい市場関係者が騒動を起こす可能性があります。
混乱を予想しているのか安倍首相や政府税制調査会が度々「マイナンバーの適用範囲を銀行預金に拡大する」と言っています。
銀行の預金金利は源泉徴収で脱税なんてありえないのですが 脱税できないものをマイナンバーで捕捉すると言っているのですからこれほど物騒な話はないと思いますね。
既に1997年から預金封鎖の検討と法整備が進んでおり マイナンバーは重要な位置づけを占めているのです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...仮にこの最悪のシナリオがないとしても、待っているのは国民の資産価値を毀損する金融緩和と大増税があるだけです2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げるこの大増税(普通に考えるなら皆財布の紐を固くする)シナリオでも名目経済成長率を3.5%と設定しています。
増税以外にも金融緩和でお金の価値を落として国民の金融資産毀損は既定路線ですつまり、日本国民には物価高と増税、更には日本銀行が発行する不換紙幣の価値下落が見込まれることによる(損失を甘んじて受けたがる人はいない)市場混乱の可能性まであるわけです。
何もしない人は財産を身ぐるみはがされますね

2017/3/28 19:34:57

金融公庫の団信保険料の計算をご存知の方教えていただけないでしょうか、お願いします。
あと、約30年残っているんですが、総支払いがいくらになるか知りたい為です。
ちなみに1950万の元金均等の借入(35年)で今年の団信保険料は48300円でした。

金融公庫の団信保険料は 一人で加入しているか ご夫婦で加入しているかで違います。
また 段階金利の有無にも 拠りますから特約料の りんく張っておきます。
貴方の条件で 当てはめてください。
hlgc.or.jp/danshin/da_tokuryo.html

2006/8/27 23:08:57

マイナス金利とマイナンバーで、耐火金庫が馬鹿売れだそうですが、タンス預金する意味です。
マイナンバーで税務署は、各人の預金額わかりますか?銀行も、個人 情報ですので公開は、しないと思うのでさが?補足思うのですが?訂正です。

マイナンバー制度は情報漏洩も問題ですが(勿論公務員は守秘義務がありますので皆が法律を守って破らないと言う非現実的な想定なら情報は漏れませんよ)もっと問題なのは国民の財産を脅かされることです。
その前に情報漏洩の話をすると、 死刑がありうる殺人などの犯罪は例外にして公訴時効は罰則で決まります。
マイナンバー制度に関係する情報漏洩の場合は最高懲役4年です。
これだと刑事訴訟法の規定により公訴時効は3年になります。
ですから情報を闇売買して3年間双方が黙って発覚せず、後から悪用されても情報を漏らした人間は処罰されません。
だから抑止力は乏しいのです。
もっと問題なのは国民の財産を脅かされることです。
対策として金庫 これだけでは説明不十分です。
正確には 円資産でない外貨や貴金属を購入して自宅の金庫に置くのです。
円の価値が下がれば下がるほど被害を免れる資産です。
マイナンバーもマイナス金利も出所と目的は同じです。
日銀総裁は財務省出身 日銀と財務省と総務省を同じ意思を持つ共同体と考えればよいです。
その目的は「国の借金を増やす原因となった天下りなどの官僚利権を維持して国民に負担を押し付けること」にあります。
具体的方策としては①金利を下げること②円そのものの価値を落とす金融緩和をすること③円の価値が落ちれば物価が上がるのでデフレ脱却達成と言って消費税増税すること④マイナンバーで預金封鎖の準備をすること①と②をして国民がいじめられ官僚が潤うのは間接金融を通して国債の債権者の大半は国民だからです。
次にマイナンバーについて住基ネット時代に国民に隠れて様々な情報を紐付ける予定でいたことは判明しており職歴、社会保険、財産、車の保有状況、病歴、納税状況、など様々な項目を管理対象にする計画がありました。
これとは別に省庁再編前の大蔵省時代から預金封鎖が検討され始めていたため官僚達が海外で資産運用を始めていたことも明らかになっています。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315291440...マイナンバー制度では巨額の利権がありシステムやカードの受注業者のうち1社を除いてすべてが自民党に政治献金をしていることが明るみに出ていますが、このような事情のため住基ネットの計画が放棄されマイナンバーに置き換えられたことを考えれば将来は法改正で国民の財産を調べようとするでしょうしその時こそ心配すべきです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315530387...こちらで触れた【国民総背番号制を使って預金封鎖をかける計画は平成9年から大蔵省で検討が進んでいます】【だからこそ平成14年2月に民主党の五十嵐文彦がネバダレポートを持ちこんで消費税20%だの預金30~40%カットだの10項目に渡るIMF(国際通貨基金)案を提示したときに、当時の大臣である塩川正十郎や竹中平蔵が「おっしゃるとおり厳しい認識を持っております」と答弁しています。
】ですが、 ネバダレポートとは以下のようなものです。
1 公務員の総数の30%カット,給料30%のカット,ボーナス全てカット2 公務員の退職金は100%すべてカット3 年金は一律30%カット4 国債の利払いは,5~10年間停止5 消費税を20%に引き上げ6 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ7 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税8 債権・社債については5~15%の課税,株式は取得金額の1%を課税9 預金は一律1000万以上のペイオフを実施10 第2段階として,預金額を30%~40%を財産税として徴収これは2002年ですが、この後IMFの副理事の椅子を日本の財務省OBが占めるようになってから公務員の身を切る改革がでなくなり消費税増税だけを言い出すようになり、あわせてマイナンバー制度を官僚が進めるようになりました。
天下りなどで増えた借金を処理する場合に、今まで国の借金を増やして来た官僚の天下りや渡りを改めることなくすべてを国民が背負ってくれと言う意思表示と見ていいのではないですかね? こんな制度に危機感を持たずに全体主義を歓迎している人がいる限り善良で無知な国民の家計は確実に破局に向かうと思いますよ。
以上のことを考えれば ①~④のような官僚の狙いに対抗するにはお金を使わずに 円以外の資産でかつマイナンバーで捕捉されない資産を保有するは筋の通った考え方になります。

2016/3/24 22:53:28

-段階金利

© 2020 中国が民主化すれば世界は良くなる件