段階金利

日経平均株価について質問させてください。 1月の段階では大多数の経...段階金利

マイナンバー制度 マイナス金利 金融緩和預金を吸い上げるような政権から財産を守る方法をもっと真剣に考えるべきではありませんか?

マイナンバーの目的は官僚が享楽や利権のために増やし続けた国の借金を処理するために何の落ち度もない国民の個人資産を収奪対象にすると言う点にあります。
税の公平性でも社会保障のためでもありません。
国に捕捉されているかどうかと言う観点ではマイナンバー云々言う前に銀行口座開設してお金を預けた時点で完全にレッドカードなんですよ。
全部捕捉されています。
「口座との紐付けは2018年からは任意です」「口座との紐付けは2021年からは義務です」このような記述は全く意味を成しません。
この口座とマイナンバーの紐付けは財務省の観点で言えば「今まで捕捉できなかった口座資産を捕捉する」と言う意味ではなく「既に捕捉している口座資産を法人、個人、日本人、外国人を一発で区別するようににして将来国の借金を解消する際に銀行預金の一部没収を行うときに外国人を除外して国際的なトラブルに発展するのを防止する」と言う意味なんですよ。
事実でないにもかかわらず「今まで捕捉できなかった口座資産を捕捉する」と思わされているのは財務省がこんなとんでもない制度を受け入れさせるために「マイナンバーで仮名口座が摘発され脱税していた人が脱税できなくなる」などと主張する愚かな右傾化思想や全体主義思想の人物を増やすためと考えた方が妥当でしょうね。
厳密に言うとマイナンバーになる前にほとんどの預金が既に国家によって丸裸なのです。
財務省はマイナンバー導入にとんでもない狙いを秘めているため「マイナンバーで銀行預金を紐付けて脱税できなくする」などと安倍政権を通して宣伝させていますが実態は全然違います。
2003年以前に開設された休眠口座以外でしたら、とっくに調べられます。
①2003年から本人確認法、2008年から後継のゲートキーパー(犯罪収益移転防止法)が施行されており金融機関は口座開設の時に本人確認を必要としてかつ10万円以上の入出金には7年間保管義務もあります。
違反すると刑事罰対象になる為世間で言われている法律が成立する前からの休眠口座は別として架空口座仮名口座などは撲滅されています。
②1997年に東京と大阪で稼働したKSK(国税総合管理システム)は2001年11月より全国網となり、一元的な管理を行っており各所のお金の出し入れを突き合わせて検索で調べることができます。
★国税総合管理システムとは・年間維持費は約600億円。
人件費を除いた国税庁の運営経費の約4割を占める・KSKに関するシステムの実験が行われたのは1995年1月で、東京国税庁管内の京橋、川崎北、仙台国税局内の福島、白川の税務署が対象・1997年に東京国税局、1999年に大阪国税局、2000年名古屋国税局の全税務署と関東信越国税局の県南10税務署、更に2001/11/29から残る297税務署導入実用化・納税者の申告内容をOCR(光学式文字読み取り)で自動的にコンピューターに入力し、集められた情報を集約し、地域や税目を超えた一元的な納税者の管理を行っているので全国各地のあらゆるところからの情報と突き合せて脱税疑惑のあるものを調査可能。
・申告書の記載内容と別のところから入手した情報(取引先から入手した情報など)が食い違えば税務調査対象として認識されることもありうる8年間にわたって20箇所に住民票を移転して税務調査を逃れて所得を隠し続けた業者が所得税法違反で摘発されることもあったようなので一度睨まれると検索されて追いかけられる代物です。
つまりマイナンバーで仮名口座が撲滅できるだの不正を取り締まれるだの全くの嘘出鱈目と言うことですね。
本当に不正をしている人間ならば、A、Bで捕捉されるため銀行口座を通さない取引をしているはずであり(特に暴力団など)、口座を通さない取引はマイナンバーでは追いきれません。
つまりマイナンバーで仮名口座が撲滅できるだの不正を取り締まれるだの全くの嘘出鱈目と言うことですね。
本当に不正をしている人間ならば、①、②で捕捉されるため銀行口座を通さない取引をしているはずであり(特に暴力団など)、口座を通さない取引はマイナンバーでは追いきれません。
<2003年以前に開設された休眠口座以外は既に調べられる。
マイナンバーは関係ない>これでは当然以下のような疑問が出てくると思います。
「金融機関の預金口座にもつけられるようにするマイナンバー法の改正案」は何?日本には外国と異なる特殊事情があります・日本の国債の約95%が国内で消化で銀行預金なども大半が国債購入に充てられている・日本の個人金融資産の85%は預金、保険、債券などであり調整インフレを起こせば価値が下がる。
既得権益を増やして国の借金を増やしその資金は国民から借りている。
それを「納税の義務」だの「社会福祉」だの口実を設けて精算したい。
それだけのことです。
身を切る改革をせずに国民にしわ寄せをかぶせる目的の官僚が考えることは3つしかありません。
・調整インフレで国の借金を踏み倒す→今アベノミクスでやっています・増税をする→「消費税増税しないと国債暴落するぞ」と脅しています・預金封鎖のような形で財産を没収する。
→マイナンバー他で法整備を進めています1997年から当時の大蔵省で預金封鎖の検討が始まりマイナンバーは外国人の資産を巻き込まないために必要とされているからです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その内容は以下のようなものだったそうです・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。
このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。
・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットするつまりマイナンバーがなくても現行法律では銀行預金を調べることはできて個々の脱税や不正は追えるものの、預金封鎖で国民の預金を一斉に何割か没収する場合は国内の個人に限定する必要があり、外資が入っている可能性のある法人や外国人を巻き込んで国際的なトラブルになることは避けなければならない。
そう考えているのです(実際マイナンバーは法人と個人で桁が違いますし日本人と外国人を識別する桁もあります)。
だから2003年本人確認法施行以前の休眠口座と併せてマイナンバーと様々な口座を紐付ける意図があります。
タンス預金も安心ではないです。
もし預金封鎖が発生した場合は銀行預金の没収だけでなく、タンス預金を狩りだすために「旧円廃止新円切り替え」をする可能
性があります。
また預金封鎖の話を抜きにしても円資産を持つ限り増税によるデフレを誤魔化すために金融緩和をしているので価値が目減りしてしまいます。
2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げるちなみに行財政改革を徹底的にやれば国民負担率を50%未満で済ます試算も出ていますが我が身可愛さにこの選択肢は現政権は捨ててしまっています。
この大増税(普通に考えるなら皆財布の紐を固くする)シナリオでも名目経済成長率を3.5%と設定しています。
増税以外にも金融緩和でお金の価値を落として国民の金融資産毀損は既定路線です。
安倍政権はこの方向に突き進んでいるだけ。
勿論税と社会保障の一体改革なんて出鱈目です。
北欧の高福祉の国は消費税が高い代わりに相続税もなく医療費も無料だったりしますが、安倍政権で医療負担を引き上げ相続税も増税しました。
それに、消費税を社会保障に使うなら(目的税)一般会計ではなく、特定財源にして予算を確保してしかるべきですが未だに一般会計のまま。
予算は確保されず他の税収や予算とまとめて単年で国会議決するので社会保障に回す気がないのは一目瞭然です。
結論として 預金封鎖のリスクは勿論のこと タンス預金ですら安心できる資産ではありません。
日本政府に捕捉される資産、金融政策や法律で価値を落とせる資産(日本銀行券など)は軒並み危うい資産と考え 日本政府の力で価値を落とせない資産(外貨や貴金属)などを考えるほうが無難です。
但しこの方法も法令を熟知して上記犯罪収益移転防止法の網に引っ掛からない方法(10万円以上の銀行預金引き出しや200万円を超える貴金属購入など)で所得しないと捕捉されてしまいます。

2016/6/28 18:47:51

カードローンとフリーローンどちらを先に一括返済すべきですか?お金に詳しい方お願い致します。
イオンフリーローン(アシストプラン)で150万借り、金利9.8%、月々31700程度の返済をしており残金74万です。
イオンカードローンは貸越極度額100万、金利8.8%、月々最低15000円の引き落としで、返しては借りを繰り返している状態なので?97万程度です。
?50万以下になると、月々最低10000円の引き落としになります。
この2件だけで月々46700円返済してます。
手持ちに現金80万あり、残金だけみるとフリーローンを一括返済できます。
月々3万の支払いが無くなればカードローンへ多く返済することができます。
金利もフリーローンのほうが安いので、やはりここはフリーローン完済が先か?と思いましたが、あるサイトで「カードローンはリボ払いと同じ」というのを見て、もしかしてカードローンを先に返済したほうが良いか?と思いました。
今後借り入れは絶対にせず、余ったお金や夏と冬のボーナスから5万は確実に返済に充ててなんとか年内に完済したいつもりです。
アドバイスよろしくお願い致します。

>イオンカードローンは貸越極度額100万、金利8.8%、月々最低15000円の引き落としで、返しては借りを繰り返している状態なので?97万程度です。
毎月いくら借りてんだ?現状でフリーローンの支払い以下の利用=フリーローン完済によりカードローンの利用をしなくて良くなるのならそれもいいだろうwでもホンマは繰り返し利用できるカードローンを早く返し解約して借入出来んようにした方がエエけどなw計算せずに回答してるが、毎月の元本返済に差があるから金利差なんぞ関係ないんちゃうか?借金地獄から抜け出したいのならカードローンの解約が必須だなw何やったら一回遅延しまくって新規借り入れ出来なくする方がいいかもしれん。
反復利用はそれだけ怖いって事や。
>あるサイトで「カードローンはリボ払いと同じ」というのを見て現状15000円が残高50万になったら10000円の返済の段階で残高スライドっていうリボ払いw15000円やった時と10000円になった時の元金と利息の内訳を計算してみな。
利息額は殆ど変らん=全然返済が進まんようになっとるわw

2018/2/28 11:25:58

マイナス金利って日銀からお金を借りるとお金を貰えるのですか?

違います金融機関が保有する日本銀行当座預金に▲0.1%のマイナス金利を適用します。
ただし、すべての当座預金に適用するわけではなく、日本銀行当座預金を3段階の階層構造(①基礎残高、②マクロ加算残高、③政策金利残高)に分割し、それぞれの階層に応じてプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用します。
①基礎残高(+0.1%を適用):各金融機関の日本銀行当座預金残高のうち2015 年1月~12 月積み期間(基準期間)における平均残高②マクロ加算残高(ゼロ%を適用)③政策金利残高(▲0.1%を適用)つまり、①、②の残高までは正常な預金として、プラス金利ないしゼロ金利とし、新しい取引を行うことでこれを上回る限界的な増加部分(③政策金利残高)に▲0.1%のマイナス金利を適用します。
簡単に言えば、③は日銀の当座預金に入れとくと▲0.1%マイナスするから市場にお金を回せということです。

2016/1/30 22:45:00

「住宅ローンの金利」についての質問です。
中古マンションを購入し、頭金を差し引くと、銀行から1600万円を返済期間20年で借り入れる予定です。
(事前は2800万でOKが出ています)そこで金利について、現時点で、「変動」 と 「固定」 だと どちらが 適当でしょうか?性格的には固定なんですが、変動の金利の低さには魅力が大きくて、迷っています。
そこで、「変動」で借り入れ、家庭の節目の年を終えた段階(例えば子どもの大学入学等)繰上げ返済を考えています。
ご意見を伺いたく、宜しくお願いします。
補足性格・・・私の性格の意味です。
予定では手元に400万円~500万円を持ってスタートです。
目標は15年返済。
チャレンジ目標は10年返済です。

今は金利が一番低い時期です。
固定が理想ですが 銀行が長期にしてくれるのでしょうか将来上がるのがわかっているのですからローンの始めはほとんどが利息です。
借りる原本を出来るだけ少なくして、おかないと 現代のような不安定な時代に 借金が残るだけになりかねません 繰り上げ返済時には けっこうな手数料を取られます。
また中古マンションは共益費も含め10年単位で外観や設備のリホームなどの出費があると考えてください。
家庭の節目時は 他の物のお金が必要です。
大学入学時は150万程度必要です。
一軒家ですと リホームしたり 最悪売りに出しても損はありませんが マンションは空洞化すると価値が下がり 築年数でも 買い手は少ないのが現状です。

2012/5/30 12:42:27

夫婦二人、子どもなしの家庭の家計診断をお願いします。
主人(24歳) 月収 432000 手取り 350000 ボーナス 2回で20万程度妻(24歳) 月収 202000 手取り 180000私(妻)の給料は全て貯金をしています。
現在妊娠を希望しています。
専業主婦になる予定はありませんが、産休、育休中の合わせて1年半程は、私の収入が減る事もあり、今から主人の収入のみでの生活をしています。
家賃 72000(駐車場、管理費、町会費込み)車ローン 32000自動車保険 12000医療保険 夫 3200 妻 3800(共に掛け捨て)携帯 17000(au、SoftBank)ネット 5000電気 5000ガス 3000水道 1500(2ヶ月で)食費 30000外食費 20000日用品 15000ガソリン代 8000主人のタバコ 5000お小遣い 二人で30000程度固定出費 257500円残り約9万円を貯金。
電気、ガス、水道は平均値をいれています。
毎月固定でかかる出費はこの程度です。
以前は主人に4万円、私は2万円のお小遣いを出していましたが、お互いお金のかかる趣味などもなく、毎月余っていたのでその都度、お金を引き出す方式に変えました。
それにより毎月お小遣いとして使われるお金は、二人で多くて3万。
これを越えることはほぼありません。
生活は、全て主人の給料でまかなっています。
主人の給料振り込み口座から、家賃、ローン、保険など全て引き落としされています。
食費、生活費などはその都度この口座から引き出します。
そして月末(主人の給料日)に、残った金額を引き出し、貯蓄口座にいれています。
冠婚葬祭や、大きな買い物、旅行、医療費などがあれば貯金にまわすお金が減っていくというイメージです。
今後は、近いうちに主人の生命保険加入を考えています。
掛け捨てと、貯蓄型、迷っている段階です。
以上の点を踏まえて、いくつか質問させて下さい。
○ 毎月の固定出費の中で、使いすぎな部分、まだ削る余地のある部分があれば教えて下さい。
(携帯料金は、高いな~と自覚しています…。
)○ 生命保険は掛け捨て、貯蓄のどちらがオススメですか?主人の収入のみで生活がしたい事を考えると掛け捨てがいいかな~と思いますが、私はお金の管理が苦手なので、貯蓄型にして勝手に貯まっていく方が個人的にはありがたいです…。
友人には、「掛け捨てにして貯蓄は自分ですればいい」と言われますが、それがしっかり出来るか不安です…。
○ 貯蓄は、項目ごとに分けた方がいいですか?(例えば、住宅購入の頭金、新車購入の頭金、などなど…)現在は、貯蓄用の口座1つに全てのお金が入っています。
結婚式1年目の新米主婦ですが、子どもを授かりたいと思っており、お金の面はしっかりしないとと思い、家計簿をつけ始めて2ヶ月です。
皆様からのアドバイス、指摘を聞かせてもらい、是非参考にしたいです。
宜しくお願いします。

車のローン、携帯代、外食費、タバコは削れると思います。
車のローンは恐らく金利高いですし、貯金あるのだったら支払った方が良いです。
ただ外食費やタバコ代はお小遣いの範囲内で楽しむのなら良いとは思います。
生命保険の貯金型はおすすめしません。
掛け捨ての方が明らかに安いですし、貯金型は利息も何も付きません。
貯める自信がないのなら、自動引き落としの定期積金をした方が良いです。
口座は目的別に分けた方が良いですね。
その方が資金を計画的に使えます。

2017/6/19 02:19:40

住宅ローンの審査について質問させて頂きます。
先日、地方銀行(近畿大阪銀行)と三井住友銀行へ事前(仮)審査を出しました。
3200万の融資希望で地方銀行(近畿大阪銀行)は満額で事前(仮)審査OK頂きましたが三井住友銀行は330万減額の2870万の減額でした。
本審査は地方銀行(近畿大阪銀行)でお願いする予定なのですが事前(仮)審査で三井住友銀行からは330万の減額になってしまってるので地方銀行(近畿大阪銀行)も本審査では満額融資は難しいのでしょうか?メガバンクでは、事前(仮)審査がOKならば、本審査でNGになることは無いと聞いた事があるので、メガバンクの三井住友銀行が減額なら地方銀行(近畿大阪銀行)でも、事前(仮)審査の段階では満額だったが、本審査では減額になる可能性もあるのでしょうか...?地方銀行(近畿大阪銀行)も事前(仮)審査がOKなら本審査も(事前(仮)審査の時と状況が変わらなければ)OK頂けるのでしょうか?メガバンクはしっかり事前(仮)審査の時点で保証会社も個人信用情報を3社とも確認してると聞いた事があるのですが地方銀行(近畿大阪銀行)なども事前(仮)審査の時点で保証会社も個人信用情報を3社とも確認してるのでしょうか...?土地契約も済ませ今は家の間取りを決めている段階なのですが、間取りなども決めて、本審査で落ちてしまったらと不安になってしまってます...。
(本当は楽しくワクワクで間取りなど決めたいのですがなかなか出来てません...(;_;))質問が多く、長文で申し訳ありませんが分かる方、ご回答いただければ嬉しいです...。

個人信用情報の内容に懸念がある場合、三井住友銀行は減額では無く融資の引き受け自体を断るので、仮内定が出ているという事は仮に近畿大阪銀行が事前審査で個人信用情報を見ていなくても本審査で否決されないと思います。
三井住友銀行で減額されたのは融資判定に利用する基準金利と返済比率、担保評価が近畿大阪銀行の基準より厳しい設定だからと思います。
一般的に地方銀行は都市銀行で希望の融資が受けられなかった顧客への受け皿的な要素が強いので、そう心配する必要も無いでしょう。
どうしてもご心配なら関西アーバン銀行、池田泉州銀行、紀陽銀行あたりで事前審査通しておかれても良いと思います。

2018/2/21 15:59:45

池田泉州銀行は近畿大阪銀行へ事前(仮)審査を
申込みした時に池田泉州銀行にも
事前(仮)審査を申込みしたのですが
池田泉州銀行は否決でした(;_;)>

住宅ローンについてです。
フラット35の変動金利で1700万円を35年で借りた場合、総額はいくらになりますか?(団信加入で)

こんにちはおそらくフラット35の変動ではなくて段階式固定(金利優遇制度1年目から10年目まで1%優遇、11年目から20年目まで0.3%優遇)のことだと思うのでそれを想定して計算させていただきます当方が契約した銀行でざっと計算させていただきます金利2.54%手数料 借り入れ総額の1.47%1年から10年まで(1.54%)52051円11年から20年(2.24%)57084円21年から35年57898円(2.54%)です手数料は249900円です団信は大体初年度は70000円くらいだと思います。

総額でいくと2390万円くらいだと思います先日、住宅の営業から聞いたのですがフラットも大分枠がなくなってきているみたいですよ。

2011/3/24 12:24:28

りそな銀行のTIMOについて、教えてください。
りそなのサイトを拝見したのですが、よく分からなかったので、教えてください。
現在、りそな銀行に口座を持っていません。
ネットで振込等を行いたく、利用したいサービスはTIMOというのだと思いますが、とにかく分からないだらけです。
一番近いりそな銀行へも、窓口が営業している時間帯に店舗へ行くことができませんが、口座を開設することはできるのでしょうか?振込手数料ではなく、サービス利用料はかかりますでしょうか?(ここが、一番わかりませんでした)アドバイス、よろしくお願いいたします。

TIMOは、通帳を作らずキャッシュカードとりそなダイレクト(インターネットバンキング)をベースとした普通預金口座です。
預金残高に応じた段階金利の適用や、りそなダイレクト(インターネットバンキング)での振込手数料0円(りそなグループ銀行宛)など、便利でおトクな口座です。
TIMOの利用料はかかりません。
ネットで振込みなどをするのは、りそなダイレクトでTIMOとは別物です。
参考www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/hiraku/timo/ind...

2008/9/30 21:19:23

確定拠出年金について教えて下さい。
44歳女性です。
老後の資金の事を考えたら不安になり、遅いですが少しでも…と確定拠出年金を始めたいな、と思っています。
現在は、SBI証券のニッセイDC-ニッセイ外国株式インデックスを考えているのですが、色々調べると、リスク分散のために他にもいくつか購入した方がいいということが分かり、なんの商品をどれくらいの比率で購入していいか、悩んでいます。
また、無難に大和iFree8資産バランスがいいのかな、とも…とにかくこの分野の知識が何もなく、購入するにもどれを購入したらいいのか…ご教示お願いします。

iDeCoでバランス型は不要だと考えます。
理由は、国内債券とリートが含まれているからです。
現在の日本を考えると、国債で運用される国内債券ファンドを積み立てる必要は全くありません。
どうしてもリスク分散の観点から欲しいなら、個人国債で十分間に合います。
また、リートは金利上昇に極めて弱い投資商品です。
大和iFree8資産バランスに限らず、海外リートの大部分はアメリカが投資対象です。
アメリカは今後段階的な金利上昇が予測されるので、リート市場は確実に下落します。
そのペースは株式の比ではないと考えます。
国内リートも、一時期の下落局面から回復してきた感がありますが、当面は東京オリンピックまでがメドだと思います。
日本の金利がアメリカのように上がるとは考えられません(言いかえると、日銀は金利を上げることができません)が、リート市場は良くて横ばいだと思います。
運用期間を考えると20年以上ありますから、ニッセイ外国株式インデックス100%でまったく問題ないと思いますよ。
リスク覚悟でリターンを上げたいなら、国内株式や新興国株式ファンドを加えればいいと思います。
リスク分散的には、先進国債券ファンドを加えます。
リターン重視で全て加えるなら、国内:先進国:新興国=3:5:2くらいでしょうか。
リターン5.3%、リスク18.1%になります。
あくまでも個人的な考えですが、バランスファンドは一見リスク分散されているように思えますが、将来の資産運用という面では物足りなさを感じます。

2018/6/6 09:49:38

日経平均株価について質問させてください。
1月の段階では大多数の経済評論家が日経平均25000~30000円の強気の予想でしたが、年明けからしばらくして日経平均は下がり始め、一時は二万円を切るかというところにいきました。
多くの人は暴落だと騒ぎましたが、実際のところ現時点で二万円を切るどころか2万2千まで戻しています。
モリカケ問題は確かにマイナスですが、ロッキード事件とは違って法には触れておらず実のところ、退陣に追い込めるほどの問題ではないと話す専門家もおられました。
日米外交はまずまず良好ですし、シリア攻撃も拡大無し、米朝の緊張も和らぎました。
次官のセクハラ問題もハニートラップの疑いもある上、野党が麻生さんの辞任を迫ったことが逆に的外れで自民党にはラッキーなような気がします。
自民党内で安倍さんほどの人材はなく(少なくとも向こう2年)、野党もぐだぐたして政権交代の盛り上がりはない。
これらのことを総合して考えると、日経平均はやはり年初の予想通り25000円を超えてくるのではないかと思えてきました。
皆様のご意見、ご感想を是非お聞かせください。

時期については何とも言えませんが、日本株を見限らない人間は財産を失うと思います。
今の安倍政権の路線は どのようにして国民を不利に、既得権益層を有利にするか法制度を作ることしか頭にありません。
財政の議論など「良識派」と「極悪非道派」の2つに分かれます・天下りなどの利権を維持して、増税などで国民負担をかぶせたい「極悪非道派」・天下りなどの利権を潰して国民負担をかけさせない「良識派」個人金融資産は 預貯金などの「間接金融」と株などの「直接金融」に分かれますがます 極悪非道派の手始めは「間接金融」の資産価値を落とすことと増税の組み合わせで国民資産を奪いにかかります。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1216398790...↑の②で触れた通り・金融緩和で価値を落とし国家が国民から借りている借金を踏み倒し増税する。
・ 金融緩和はインフレ要因、増税はデフレ要因でありこれを相殺しながら緩やかな物価上昇を目指して「景気回復している」と宣伝するこうすれば 預貯金資産を奪いながら消費税を増税できるこれが 大蔵省主税局出身の日銀総裁を選任したアベノミクスの正体です。
マイナス金利 金融緩和などでは 預貯金の価値は目減りするじゃあ 「貯蓄から投資へ」を目指すのか? これも違います。
もし本当にそう思っているなら 証券税制を非課税にするか、他所得との損益通算ができる総合課税を選択するでしょうね。
しかしそれは絶対にしません。
1997年から大蔵省で国民総背番号制(現在のマイナンバー)を用いて預金封鎖をする計画が持ち上がっていますが、非課税にしたら、口座資産をマイナンバーで紐付けること自体が筋が通らなくなり、総合課税にしたら 金融資産性と勤労所得がごちゃ混ぜになります。
いずれも 口座資産とマイナンバーを紐付けて個人金融資産を狙い撃ちにする預金封鎖の支障になるからです。
ちなみに 1998年当時 証券税制の税収は1300億円に過ぎないのでこれを撤廃しても 税収減になるどころか 貯蓄から株に資産シフトして資産インフレが起これば景気は持ち直しそれ以上の税収増が望めるはずですが、この路線は放棄しています。
そして 現実は 1997年以降 株の税制と預金の税制では株の税制を先行して重税路線で不利にさせておいて、「金融資産間の不公平を正す」と称して金融資産性所得を一元化して2004年までに勤労所得を外した納税者番号制を導入する という計画がありました。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317366817...実際には2004年までにこの計画を導入すことはできませんでしたが、今になって出てきたのがマイナンバーです。
そもそも 終戦後の預金封鎖の法令を探ってみると終戦後の預金封鎖1946.2.17・勅令(大日本帝国憲法8条)・金融緊急措置令(1963.7.22 廃止)・日本銀行券預入令(1954.4.10 廃止)手順としては日銀券と新券を交換し、旧券を強制預入させ、預貯金の支払いを制限する(生活するうえで必要な払い出しだけ認める)こうやって預金封鎖します。
続いて・金融機関経理応急措置法 1946.8.15・金融機関再建整備法 1946.10.18これで国家が軍需産業や金融機関に負っている債務を整理します。
最後に封鎖預金は一定額までを第一封鎖預金、それ以上を第二封鎖預金として、第一封鎖預金は今までの払い出しを制限する形で継続され、第二封鎖預金を切り捨てます。
これを見て気が付くと思いますが、終戦後の預金封鎖時の法律は全て廃止されています。
ですので(あるかどうかは別にして)もし国家破産、国債暴落などの事態になっても当時の法律に基づいて預金封鎖はできません。
ところが預金封鎖の検討が1997年より大蔵省内部で始まりマイナンバー他法整備が進んでいます。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...つまり 1946年に預金封鎖をした直後に 大日本帝国憲法から日本国憲法に代わり、その後50年ほど法的に預金封鎖をすることができなかったものをこれを1997年に預金封鎖を計画してからたった7年で可能にする法令を整えようとうとしていたこと自体が異常です。
・預金封鎖を断行する場合は国会議事堂は一切使わず首相官邸内ですべてを処理すること(取り付け騒ぎ防止のため)・マイナンバーのようにあらかじめ金融機関に預けてある資産を「日本人か外国人か」「個人か法人か」を事前に選別するして国際的なトラブルを避けることが主な内容です。
つまりマイナンバーなどで金融資産が紐付けられるようになれば国会議事堂を通さず当然公開される形での審議もない抜き打ちの預金封鎖ができるようになります。

その内容は以下のようなものだったそうです・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。
このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。
・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする万が一財政破綻が起こってしまったら官僚主導の政治が不可能になり、思うままに特殊法人を残して天下りをするシナリオが崩れます。
それが怖いのでマイナンバー他預金封鎖の法整備を進めて保険をかけているのです。
従って財政破綻は起こらない。
起こる前、しかも国民が危機意識を持つ前に実行してしまいたいのが本音です。
実際マイナンバーが導入される前に2004年に政府税制調査会で納税者番号制が提言されたことがあり、小泉純一郎首相が「年内成立させる(実際には成立せず)」と発言したことがありましたが、この納税者番号制は預金はもとより株なども含めた金融資産性所得全てを対象にしているからです。
ちなみにマイナンバーが浮上する前に財務省が提唱し続けてきた納税者番号制は給与や事業所得は一切対象にしていません。
そればかりか給与や金融資産性所得を合算したアメリカ型総合課税は徹底して反対して潰す立場に回っていますので番号制は所得の捕捉にあるのでも公平課税にも不正防止にもなく個人金融資産の元本補足にあるのは明白です。
これらの様々な要因を考えるならば資産防衛は★日本政府の法律で価値を落とせない資産★マイナンバーで捕捉されない資産(できれば法務局の登記で保有する資産も最小限にとどめる)に限られてきます。
外貨タンス預金か貴金属などの実物資産を国に把握されない形で保有するのが良い選択だと思います。
この際気を付けないといけないのは保有する際も購入金額が大きくなると犯罪収益移転防止法(ゲートキーパー法)
などの法律で捕捉されることになります。
但し指定された業者は・200万円以上の取引(貴金属売買業者や貸金庫業者など)・10万円以上の入出金(銀行預金など)・海外にお金を持ち出す場合も100万円以上これらは全て報告義務がありますので注意が必要です

2018/4/29 15:48:30

-段階金利

© 2020 中国が民主化すれば世界は良くなる件