段階金利

マイナンバー制度について マイナス金利など預金者に苦しい政治が続...段階金利

アベノミクスもいい加減成果を問われる段階になっきたのですが、アベノミクスは結局金融緩和、マイナス金利などの金融しか手段はないのでしょうか?

景気の下支えはなんたって子供の数です 宝である子を増やせる見込みがあったればこそ男も女も一生懸命になれたんです 終戦直後なんて大人たちは打ちのめされていたでしょうが若い力を生産し未来を託す意味で生活のめどが立ち折々の特需に後押しされて応えられたわけです 朝鮮戦争特需景気 神武景気 岩戸景気 オリンピック景気 いざなぎ景気 列島改造景気 ハイテク景気 子供が増え円安状態が続いた時代です この時期は人口が増え続けた時代です ところが円高になって輸出が振るわなくなり子作りもままならぬ状態となり優秀な企業は生産拠点を海外にシフトし始めたけれども子作りは控えなければならない状況になってしまった しかも好景気を担った人たちは医療技術の進歩でなかなか死なないので益々子作りを控えねばならなくなっている現実があります 地方都市及び農村部でさえ子供が少なくなりすぎて小中学校の統廃合 高校・大学では公立と私立で子供の奪い合い 健全な教育環境さえ危うくなっています 子供の数が増えていた時に好景気が出現していたことを行政は分かっているはずなのに小手先の金融緩和、マイナス金利などのまやかしでズルや金満家しか潤さないで成果が表れると考えているお頭の弱さは如何ともし難い 見せかけだけをさせている官僚・日銀とそれを自分の政策であるとばかりに強がっている阿部さん そして傍観させられている国会議員ども どいつもこいつも一般国民をだましているのである だから「成果を問われる段階になっきたのですが」などと言われたことじゃなくて端から実現できるはずがなかったと断言できます 前述の好景気は子が増えている間において3~5年のスパンで現れています

2016/5/2 15:44:18

住宅ローン(マンション)が払えない場合どうなるのか教えてください。
住宅ローン残高 1400万円住宅相場 800万円*貯金無しです。
現在その住宅には、仕事の関係で住んでおらず空き室の状態です。
昨年末から、家族の病気や住宅ローンを払っている私自身も収入が激減(半分)になり、貯金もなく今月末から払えない状況が見えてきました。
銀行にリスケジュールを交渉しましたが、払える見込が無いと判断され何も対策は無いので、払えなくなったら『専門部署』に管轄が移るので、そこで相談するようにとのこと。
現在、どうなるかわからないので恐怖で落ち着かない状況です。
給料など、いろいろなものが差し押さえされるのでは?妻は働いていますが、給料も差し押さえられるのでは?差し押さえられたら、今の住まいの家賃も払えなくなるのでは?いろいろ考えてしまっております。
ご経験のある方いましたら、教えていただけると幸いです。
宜しくお願いします。

銀行は粛々と手続きを行うと思いますが、まず銀行は保証会社に代位弁済請求を行います。
代位弁済が終わると、あなたの債務は保証会社に移ることになります。
交渉をするとしたら、この段階で保証会社と交渉することになろうかと思います。
保証会社は当然競売も選択肢に入れていますが、競売しても債権が残るケースが多いので、債務者に支払の意志があれば、交渉に応じてくれるものと思われます。
但し、銀行とは違うので、当然金利は高くなります。
また、保証会社がその銀行の関連会社であるかまたはニコスやオリコと言ったクレジット会社かによって対応も異なると思われます。

2016/6/16 10:12:27

三井住友銀行のあとからリボについて質問です。
今月クレジットカードで10万円使ったとして、今月5万円を支払い、残り5万円をあとからリボにしたいという場合リボ払いの設定金額が11.5万円になっていたら翌月に5万円を支払う、ということでいいのでしょうか?詳しい方ご回答をよろしくお願い致します。

今月の支払い分にはリボ手数料が付きませんが、今月5万円を支払ってという段階であとからリボになっています。
購入する時にリボと言わないで、その後リボ払いにするのがあとからリボです。
翌月は5万円に加えリボ手数料が掛かります。
1回目の残金に対して、翌月と翌々月に合わせて約1.25%のリボ手数料が掛かります。
リボ変更には期間があるのと、金利計算は少しわかりにくいので、詳しくはリボ・分割デスクにお尋ねください。

2015/8/22 17:49:22

あとからリボになっているというより、一括払いを一部先送りにするにはリボ設定をしなければなりません。>

米ドル外貨預金の為替差益に対する課税回避策はありますか?数年前の超円高の時に、多額の外貨預金をしました。
その時は外貨預金の知識も余りなく、ただ単純に円安に成れば結構儲かる位のことで考えておりました。
お恥ずかしい話ですが、最近になって為替差益に対して所得税が課税されることを知り、概ね自分の年収ベースで所得税率30%+住民税10%の計40%程度課税される様です。
ドル現金或はトラベラーズチェックで預金から払い出して、別途課税されない方法で円貨に換金できる方法があるのでしょうか?補足ここで私が考える課税回避策とは、脱税を意図するものではございません。
税法上非課税扱いになる取引の手法があるのであれば、あえて課税取引の道を選択したくないと思います。
特に外貨預金から外貨での引出の場合、差益が発生するとは思われないのですが、税務上の見解はどういう判断なのでしょうか?また、外貨MMFの決済口座へ外貨での送金の場合、解約して円貨での受取について課税問題が生ずるのでしょうか?

「補足に対して」税務上の見解は税務署に聞くのが一番です。
電話で、国税局タックスアンサーというのがありますから、税目ごとに専門部署に匿名で質問して回答を得ることができますよ。
まずは、どの時点で差益とみなして課税関係が生じるのかということですね。
要は脱税したいのですよね?為替差益部分は雑所得で総合課税ですが、税務署に支払調書は出ませんから、脱税したければ黙って無申告とすることです。
ドルで受取ろうがトラベラーズチェックにしようが、満期で差益が確定した段階で納税義務が発生します。
脱税は、どの種の税であっても時効までバレないことで達成されますが、どこから足がつくか分かりません。
金利部分は源泉分離なので既に把握されていますから、ここから足がつくかもしれません。
差益の額にもよると思いますが、税務署が調査に来るか来ないか時効まで7年間ヒヤヒヤでしょう。
税務署は忘れた頃にやってきます。
延滞税、重加算税、額が大きければ刑事罰もありますし、あなたの本業の方への悪影響がでることも考えられます。
脱税って割りに合わない犯罪なんですよ。
キチンと納税したほうが身のためです。

2013/3/12 10:11:45

住宅ローンの金利について教えて下さい。
住宅ローンを組むときに 固定金利か変動金利のどどちらかを選びますがある銀行員の方は、高くなってもそんなに高くなることはないでしょう。
変動金利で繰り上げ返済で完済してしまうことをお勧めしますと言われました。
最近ローンを組まれた方 又は 私は、こう考えてこの金利にしました。
っという方 いろいろご意見お聞きしたいです。

10~15年 確実に20年以内に完済できるなら 「変動」20年以上かかるなら 「固定」 にしたほうが良いのかな?と自分なりに解釈し、フラット35S(3段階金利)にしました。
経済だの なんだのには大変疎いですし、金利の変動を気にするのも嫌ですから…繰上げ返済を定期的に行って22~23年間で完済しようという返済計画です。

2011/9/2 15:08:40

住宅ローン:固定金利特約期間終了時の繰上げ返済住宅ローンの固定金利特約期間(3年)が今月で切れました。
契約内容は、りそな銀行の住宅ローン ・2005年4月融資実行 3,100万円。
35年 3年固定1.75%(全期間金利優遇ー0.5%)であり、固定金利特約期間終了にあわせて、120万円ほど繰上げ返済予定です。
現段階で 変動金利 2.375% 固定金利 2年 2.55% 3年 2.65% 5年 2.75% となっています。
変動金利の場合は4月と10月に見直しがあるとのことです。
‘変動’を選択していて‘固定’に切り替えも可能だそうです。
手数料は掛かるようですが。
利息を少なく、返済期間を短縮させたいです。
我が家の場合、どのプランを選ぶと有利でしょうか?

金利の情勢は、誰にも読めませんが、今後、下降すると見る人は、まずいないと思います。
現に日銀は、金利を上げたいけど世界の経済情勢が許さない状況なので、二の足を踏んでいる状況ですから。
一旦、変動金利で様子を見て、金利が上昇局面になりそうになったら、長期の固定に切り替えるのがベストかと思いますね。
120万円ほどの金額なら、今後の金利上昇に備えて、固定に切り替えるときに合わせて繰上げ返済するのがいいと思います。
注意しないといけないのは、一度繰上げ返済により、返済期間を短縮してしまうと、あとでやっぱり延ばしたいと言っても、延長できなくなります。
そのような状況のためにも、今すぐに繰上げ返済することには、あまり賛成できませんね。

2008/4/14 16:17:20

マツダのスカイプラン五年型でアクセラスポーツの購入を検討してるものです、総額で300万くらいになるのですが残価設定って、最終支払いの段階で返却したり、買い取ったりができると思いますが。
最後一括で残価を返し、買い取る場合って、通常ローンに比べてそこまで高いとは思えないのですが。
どうでしょうか?あと、審査についても通りやすいと聞いたことがありますがどうなんでしょうか?

当然ですが売り手はより販売しやすい様に工夫をしています。
通常ローンだと4%、残価設定だと2%…みたいな感じで残価設定ローンの金利を低くしているケースが殆どだと思います。
最終回を必ず支払いして払いきる前提だとおっしゃる通りですね。
ただ、これはあくまでディーラー提携ローン内での比較だという事は理解しておく必要がありますよ。
自分で申込む手間がかかるとは言え、銀行系のマイカーローンの金利はディーラーの残価設定ローンの金利並みになる事が多いですので。
とはいえ、銀行系は審査が厳し目ですし、低金利の適用を受けるには給与や公共料金などの取引が必要だったりする事もあるので、全員にとっての正解では無いと思います。
要はローン利用者が選択肢を広く持った上で、自分にとってのベストを選択出来るのかどうかですね。
なお、審査に関してですが、残価設定ローンは設定残価分の元本返済を先送りする事で月額払いを低く抑えられる一方、発生利息は多くなります。
手が届かなかった車に手が届く利用者のメリットは当然審査時における返済比率を下げる事になりますし、同一金利で比較した場合、通常ローンより多く利息が取れるので金融機関にとっては美味しい話ですね。

2017/11/4 07:56:07

住宅ローンの変動金利は、長期金利よりリスクがないのではと思うのですが、皆さんどう思われますか??変動金利はよく言われがちなリスクとして、「金利が上昇した際」が・・と言われますが、でもそれって10年固定とかも一緒だと思うのですけど。
下のようにならないですか?3700万借入 変動金利 10年後1%上昇した10年間 変動 0.975%25年間 変動 1.975%しかし、変動が上がるってことは先に長期金利も上昇していると考えられるのですか??3700万 借入 10年固定 10年後1%上昇した10年間 固定 1.25%11年目以降 固定 2%(+上昇した金利1%)=3%この考え方あってますか??総支払は固定の方が大きくなると思うのですが・・短期プライムレートだけがあがるようなことってあるのでしょうか?教えて下さい。

あなたが言うような金利上昇予測ならそうなるかもですね。
極端な話、10年間0.975%のままでしょうか?10年後1%しか上がってないでしょうか?そこが分からない。
それがリスクです。
10年?残期間が1.975%というのもリスクを軽視し過ぎていると思います。
その昔は8%もあった時代もあったのですよ?この先8%になる可能性はない訳ではないのです。
たぶん、そこまで上がるとはないとは思いますが、4%、せめて3%にはなるかも?と予測したリスク回避を念頭においてないといけません。
それがどの段階でやってくるのか?です。
金利が上昇続けるであろうと予測出来てから固定に切り替えようにも手数料は掛かるわ、その時の固定はその時の変動よりは確実に高い訳です。
もしかしたら変動の今の金利で横ばいになるかも知れない、いやいやまだ上昇を続けるかも知れない。
上昇を見込んで確実に現実の金利上昇となる固定に出来るかですね。
金利は予想でしかないので、あなたがそのように予想したのであればそれに賭ければ良いです。
結局、どっちが良かったのか分からないのです。
この先急激に景気が良くなり金利が高騰したら現在の固定金利で全期間固定にした人が大笑いになりますね。
これから35年を変動にローンを組むなら35年後は4%まではなると予想して返済計画をした方が無難ですよ。
要はいつ4%になっても払えるだけの余力は残しておくということです。
実際はそれ以上になってしまうリスクはありますが、あまりリスクばかり考えたらローンなんて組めませんからね。

2013/12/8 13:22:59

今後の住宅ローン金利について教えてくださいよろしくお願い致します。
昨日、フラット35の金利が上昇したと聞きました。
現在は住宅ローンを変動金利で昨年10月から利用しております。
3090万・1.175パーセント(団信の三大疾病をつけた為、元は0.975パーセント)35年です。
今後金利は上昇するのでしょうか?当初固定金利と悩みましたが、しばらくは金利は上がらないだろうという事と、金利優遇が受けれないということで変動にしておりました。
繰上げ返済は年100万程度はしていきたいと貯蓄中です。
固定金利も3・5・10年とあり、10年を選びたいのですが、金利が相当高くなるので、組めても5年程度かな?と思っております。
今の段階で固定に切り替えておくほうがよいでしょうか?ご教示お願い致します。

金利水準だけなら変動一本の方が有利になるケースが多いと思います。しかし、今の金利がこれからも続くかどうかが、最大の問題です。私も、先読みは得意ですが何十年も先の事は、正確には分かりませんが、今後は「悪い金利上昇」が起きるのは確実です。
景気が回復して、自然に金利が上昇するのは、理想の金利上昇ですが、これからの日本の金利上昇は、仰せの通り日本国債への信認が崩れて、金利が急上昇する流れです。現在は、日本国債は、かなりのウエートが家計の金融資産によって、買い支えられていますが、貿易赤字の拡大そして、近い将来に経常赤字になってしまうのではないかと言われています。
最近政府が「休眠口座」の活用案を出してきました。
これは注意していかなければなりません。
負の金利上昇の場合は、金利の上昇を見てから、固定に借り換えていたのでは、おそらく間に合わないと思います。フラット35は、保険の機能も持っていますし、固定の低金利で、超長期の資金を借りられる事ができるというのはなかなかない事です。私はアパート2棟と持ち家が所有しております。
ローンは4年以内にすべて終わりますのでこのまま変動でいきますが、この先何十年を考えたら間違いなく固定ですね。
今回の金利上昇は短期金融市場でアメリカの景気回復より、米政策金利が予想以上に早く引き上げられるとの思惑から、アメリカ金利の上昇が欧州金利を上回るとの見通しが広がっているのが原因でしょう。
日本での負の金利上昇が始まったら驚くスピードで上がっていきますよ。
ご参考になれば・・・

2012/4/4 21:15:50

マイナンバー制度について マイナス金利など預金者に苦しい政治が続いていますが将来のために頑張って貯金して口座に入れています。
今後マイナンバーで貯蓄額も分かってて預金封鎖まであるのですか??それに伴うメリット等は あるのですか?

2016/5/17 17:35:04

-段階金利

© 2021 中国が民主化すれば世界は良くなる件