繰上返済

自動車ローンで、24回とか48回とかでローンを組んでもらったあと...繰上返済

住宅ローンの概算保証料について住宅ローンを組む際に概算保証料がありますが、これは何なんでしょうか?繰上返済をすれば返ってくるものでしょうか?

住宅ローンを組む際の申込書の控えはありますか?恐らくそこに『保証会社』の名前もあるかと思います。
銀行は万が一、お借入れされた方がご返済できなくなった場合、代わりに保証会社に対し一括返済を求めます、つまりは保証人ですね。
そこまで予防線を張っているから、銀行は融資をしたということです。
決して質問者様がどうだからという意味でなく、一般的な住宅ローンの仕組みですので悪しからず(^^;)そして保証会社は質問者様の代わりに全額返済させられかねないリスクを負う代わりに、質問者様からお金を受け取っています、これが保証料です。
繰り上げや一括返済をすれば大半のケースでは保証料は返ってくるかと思います(保証会社は、リスク=お借入プラン通りの金額 に基づいて保証料を算出しているので)。
が、返戻金額や支払時期(一部繰上げであれば完済時にまとめてとか)は保証会社ごとの規定によるでしょう。
繰り上げ返済の相談をする際に、銀行の担当の方に保証会社に対し確認してみてもらうといいですよ^^

2014/9/13 12:56:56

都内、投資マンションのローンで、なるべく損をしない方法は早めに繰上返済をするということを聞きます。
年間、固定資産税、持出しなどで、20万位足がでてます。
このセールスは半分詐欺だとも聞きます。
2000万円、4%、35年ローンで、単純に、7、800万円位持ち出しです。
利回り5%位。
キャッシュフローを考えると、ローン完済後、10年位は元がとれません。
税金還付、生保代わり、相続税対策などメリットもあるため、すべてが悪いとはいいませんが。
ここから、早く脱却するには、繰上返済しかないでしょうか?金利4%のため、今の銀行金利0%台からすれば破格といえますでしょうか?または、利回り5%と考えれば5%の金利がつくと考えられますか?当面必要なお金は、いつでも下ろせる銀行に預けておき、ボーナスなど貯蓄に回せるお金は、繰上返済にまわすのがいいですか?それでも投下資金を回収するには、何年もかかります。
本人の年齢も考慮しなくてはなりません。
また、退職時の残債など。
また、繰上返済すると、生保代わりではなくなります。
または、売却ですが、いつ、売却額が残債を上回るかも、経済上わかりません。
こう考えると、投資マンションは現金で買うのが一番でしょうか?または、収益と、支払が、つりあっているのがいいですか?(税金還付、生保代わり、相続税対策などを考えて)既に持っているため今後のやり方を考えています。
補足回答いただいた方々、ありがとうございます。
短期プライムレートというのはどういうものですか?また、金利交渉というのは、どの銀行でもできるものですか?するがに聞いたら、確定申告をしていれば、0.3%位、そして、定期預金をすれば、さげられるということです。
顧客により、開きがあるようです。
この物件は2件目でした。
不動産屋の執拗な勧誘によるものです。
さらにもう一件は、3.7%位。
東芝です。
もう10年経ちますが、35年ローンなので、まだ元本は減っていません。
売却すれば、足が出るかもしれません。
この10年空きが、ほとんど、あっても数週間だったのが救いです。
繰上返済もいいですが、借金が常に頭にあって、預金ができても、贅沢はできませんでした。
それが、無駄使い防止になっていたと考えるか、返済に悩んでたと考えるかによって、これまで、また今後の生き方がいい方向、または悪い方向に転がるか考えようです。
撤退が懸命であれば、あと何年でしょうか?または、何事も無く35年経ってしまうのがいいでしょうか?

まず金利4%が高いですよね。
本業の収入にもよるのかもしれませんが、短期プライムレートを採用していれば3%以下で貸すところもあるはずですよ。
他に借金があるとか、2件目3件目となると別かもしれませんが。
この商売は、不動産の利回りを銀行と所有者が取り合う構図です。
当然元金が減れば金利負担が減り、収入の多くは所有者に回ってきますが、金利が高ければ収入のほとんどを銀行に持っていかれます。
2000万のうち100万でもいいので繰り上げしたら、月々のキャッシュフローは数千円改善すると思います。
その改善した数千円をためておいて、また繰り上げ。
これを繰り返せば、期間半分、持ち出しも半分くらいで完済するはずです。
これから好景気になれば地価も上がるので、売り抜けはしやすくなると思いますが、物件の立地にもよります。
新築で購入したのであれば、什器分などで初期の減価償却がけっこう取れるはずなので、この間に元金を減らしておきます。
売却額は景気にも左右されるので、なんとも言えませんが、10年~12年くらい持っていれば概ね残債と売却額がおなじくらいになるでしょう。
当然、新築の投資マンションは現金で買うのが一番です。
表面5%でも立地さえよければ空室にはほとんどならないし、税金はあがりますが、投資回収後も土地や建物は資産として多少の価値は残るので、結局は得になります。
ローンを組んで買った場合も、金利が安ければ最終的には得になるのでしょうが、表面5%に対し、金利4%では回収するまえに、建物が老朽化して家賃を下げることになり、最終的にも損になる気がします。
考えられることは、長ブラから短プラへの借り換え。
または、2,3年支払実績を積んだのち、金利下げる交渉。
それとともに、1案は早期に100万でもいいので繰り上げて、繰り上げループを回す。
2案は、追加資金は投入せず市況を見て10年後くらいに手出しなしで売り抜ける。
このどっちかでしょう。

2014/1/17 01:35:25

繰上返済元金の意味を教えてください。

住宅屋の営業です。
繰り上げ返済元金ですが、以下の例を見てください。
例)12万円借りて年利3%・12回払い金利は12万×3%=3600円これにより120000+3600=123600が総返済額になります。
毎月払いは123600÷12=1030010000円は元金利息が300円となります。
これを踏まえて、仮に6ヶ月目に繰り上げ返済する場合10300×6ヶ月+10000×6ヶ月(残りの期間の元金)となります。
この10000×6ヶ月の部分が繰り上げ返済の元金になります。
実際のローンなどでは複数年になるので計算方法は変わってきますが、基本的な概念としては上記のような考え方になりますし、金融機関の手数料なんかもかかる場合がありますので、具体的に繰り上げの費用等はお取引のある金融機関へご確認いただいたほうが良いと思います。

2012/8/4 13:11:47

中古自動車屋でローンのノルマがあるから入ってほしいと懇願され入りましたが、もうローン解約し一括払いしたい。
ローン会社は別に解約しても大丈夫っていってるんで車屋を通さずに解約してもいいですか?補足全額繰上返済でしょうか?ローン2年払いに設定したのをやっぱり一括で払いたいんです。
保険の関係で車の名義変更したいので。


ローン挟んでると変えられなくて。

まず始めに確認したいのですが、全額繰上返済ではなくローンの解約を希望なのですね?どちらなのかで今後対応が全く違いますので…。

2018/2/26 16:35:11

繰上返済なら車屋を介さず直接ローン会社に申し出をすれば一括金額を教えてくれます。因みに繰上返済するからと言って当初の分割払手数料は払わなくていいとはなりません。78文法と言う計算方式を用いて分割払手数料の戻し金額を計算する契約になっている事が殆どです。詳しくは下記サイトを読んで見て下さい。www2s.biglobe.ne.jp/~jitsunen/jt_14_2.htmダイソンの掃除機は車屋次第だとは思いますが、返すべきでしょうね。>

住宅ローン 繰上返済のタイミングについて2009年1月に新築マンションを購入し35500000円のローンを組みました。
金利は1.225%で変動金利(元利金等)で35年ローンです。
現在の残高は33766513円ですが近々200万円繰上げ返済しようと思っています。
(返済期間短縮)住宅ローン控除の戻りは年度末のローン残高の1%だったかと思いますがこのことを考えると、すぐに繰り上げるべきか年明けに繰り上げるべきかどちらがお得なのかわかりません。
ちなみにローン残高の1%以上は税金を払っていますので1%の金額が確実に戻ってくるはずです。
ご回答、宜しくお願いします。

今返しても、1月に返してもその軽減される利息の差は約3~5万程度です。
変動金利がこの先どうなっているか不明ですので細かい計算はできません。
大雑把な計算です。
1%以上の所得税をお支払いしているということであれば、今回すぐに返したとした場合ローン控除額は年末に約31万円になります。
返さなければ、約33万円です。
どちらも大して変わりませんが、軽減される利息が最低でも約3万円あると計算できますので、多少でも得を取る意味で先の繰り上げ返済をされたほうが1万円適度ですがお得かと思います。

2010/8/25 14:54:26

自動車ローンの繰上返済の計算についてサイトでいろいろ探しましたが、計算方法が分かりませんでした。
計算お願いいたします。
ローンの借り入れ 2020000円手数料370000円合計 2390000円金利 7%60回払い28回目で、残債が1310000円あった場合、一括で、その金額を返済した場合、戻りの金額は、いくらになりますか。
設定した金額は、端数を省いているため、若干、計算が合わないかもしれません。
回答よろしくお願いいたします。

実質金利が7%で試算してみました、金利総額379.905円(手数料370.000円とほぼ同じ)28回終了時の残高1.164.514円 差し引き145.486円返還金(あくまで計算上)

2013/3/15 20:36:45

クレジットカードの分割払い手数料についてクレジットカードで約40万円の買物をして12回の分割払いにしました。
明細を見たら手数料が約3万2千円になってます。
今、3回分は払ったのですが、この手数料が高くて勿体ないな。
と思っています。
残りを一括払いに切り替えた場合、最初に設定された手数料はそのままかかってしまうのでしょうか?普段クレジットカードを全く使わないので詳しい事が全くわかりません。
全額を一括払いしても困らない蓄えはあるので、払う手数料が減るのであれば、これから一括に変更しようと思います。
よろしくお願いします。

早期完済(繰上返済)すれば支払う総手数料[利息]は分割払い利用時に算出された金額よりも少なくなります。
ただ、、分割払いは意外に複雑です。

一般的なアドオンベースで分割払いの手数料[利息]が設定されているクレジットカード会社の場合は、早期完済手数料を取るカード会社が多い様です。
楽天カードの例(アドオンベースの分割払い)第32条(早期完済の場合の特約)会員は、当初の契約のとおりに分割払を履行している場合には、約定支払期間の中途で残金全額を一括して支払ったときは早期完済をすることもできます。
この場合の支払金額は下記計算式により算出した金額とします。 未払分割支払金合計 - 期限未到来の分割払手数料 + 早期完済手数料 但し、期限未到来の分割払手数料は、78分法又はそれに準ずる当社所定の計算方法により算出された金額とします。
また早期完済手数料は、期限未到来の分割払手数料に対し、10%を超えない範囲の当社所定の割合を乗じた金額とします。 実質年率ベースで手数料[利息]が設定されているクレジットカード会社(本家JCB等)は上記と計算方法が違ってきます。
クレジットカードの分割払いの手数料[利息]は、、0.6%~0.7%(0.67%か0.68%が多い)/回が多いので、、12回分割で手数料が元金の8%なら標準的です。

2012/1/3 22:37:12

住宅ローンの繰上返済について現在変動金利1.275%で残債3500万程、残年数は27年残った状態です。
住宅ローン控除が受けれないとして、全額繰上返済すべきか借入金利を上回る利回りで運用すべきか。
皆さんならどうされますか?補足補足として、運用利回りは2.7%を予定しています。

リスクなくその運用利回りが確保できるなら迷うことはありませんが、実際そんなことはありえないので繰り上げ返済します。
最悪のケースを避ける戦略ですね。

2014/7/4 22:42:53

オリコのショッピングクレジットローンについて質問です。
40万の品を頭金25万円残金15万円をオリコで36回払いにしたとします。
分割途中にローン全額払うお金ができたとしたら残金全額払ってローンを終了できますか?途中全額完済は出来ないなどのルール等あるものなんでしょうか?途中で完済した場合金利は36回分払うのでしょうか?

全額繰上返済(清算)できますよ。
完済させたい者に反対はしません。
分割払いを清算する時は78分法による戻り手数料計算を行います。
簡単にいえば、いつ終了させるかで清算額が変わるということです。
例えば、頭金を入れた後の残金15万を年率13%で36回払いにしたら手数料31947円総額181947円初回6947円月々5000円こうなります。
全額繰上返済でいくら安くなるか(目安)2回目71.47%、5回目59.58%、10回目42.16%13回目33.15%、25回目7.93%、30回目2.52%例えば5回目に全額繰上返済したとすると4回までは6947+5000*4回=26947を弁済しています。
この時点の残高は181947-26947=155000です。
契約の手数料31947円を最後まで基本にし、その59.58%戻るので19034円ほど下がります。
残高155000-戻り19034=清算135966こういう様に結果的に手数料は安くなります。

2012/5/28 00:58:40

自動車ローンで、24回とか48回とかでローンを組んでもらったあと、お金が出来たからということで残金をまとめて支払うことはできるのでしょうか?その場合、利息はどうなるのでしょうか?

全額繰上返済できます。
ローン(分割払い)はそれしかできないといった方が正しいですが。
利息について、例えば48回ローンで144000円という利息で契約し、10回目に全額繰上返済したら11回目以降の利息は取られないというのはちょっと違います。
144000/48回=3000残回数38回*3000=114000114000円戻るという計算はどの会社でもしてくれません。
ローンは、予め利息計算して元金+利息の合計を回数で割って表面だけ均等払いにしています。
この予めする利息計算は、毎月の返済で残高が減少すると仮定してリボ払いのように実質年率計算しています。
こうして48回ローンで144000円という利息が出ます。
信販会社等は48回払いで144000円取れるから均等払いをOKして元金を融資するので、お客さんから全額繰上返済の要望があれば均等を解除して元の計算に戻して本来取るべき利息を計算します。
これを簡単にしたのが78分法戻り手数料計算です。
会社は10回分で30000円の利息では足らないので、この場合結果的に10回80480円ほどの利息を取られて終了します。
その回数以降の利息は取られないけど、事務手数料を含めてリボ払いしてきた以上に取られて終わる結果になります。
だから月々を上げて少ない回数で契約しとかないと後で全額繰上返済する時に損しますよ。

2012/6/13 14:37:34

-繰上返済

© 2020 中国が民主化すれば世界は良くなる件