貸金業法

今後、銀行にも貸金業法が適用されたと仮定します。それに対しどう思...貸金業法

「貸金業法の改正により、純資産が5000万円以上ないと登録を受けられない」とのこと。
ここでいう純資産って、PCとか車とか家とかブランド品とかの売れるもんを全部資産に入れても大丈夫?

貸金業を営む法人の純資産額は、最終事業年度に係る貸借対照表又はこれに代わる書面(最終事業年度がない場合にあっては、当該法人の成立の時に作成する貸借対照表又はこれに代わる書面)において、純資産の部の合計額として表示された金額である。
純資産は主に、株主が会社に払った金銭の資本金と会社が生み出した利益を積み立てた剰余金から構成されたものなのでPCとか車とか家とかブランド品とかの売れるもんは純資産にならない。
ということです。

2017/12/16 17:58:17

貸金業法について。
金融業ではない業種の会社が複数の他社に金を貸すのは貸金業法なり金融業法違反にはならないのですか?建設業界とかは地元の資産家一族がしている建設会社が、台所事情に厳しい建設会社 数社にじゃんじゃん金を貸して、期待通りパンクしたらダンプや機材や土地などを押さえて転売して、そこそこの儲けとかの話がたまにあります。
法人や個人事業主 3社や4社程度に金を貸す程度ならいいのでしょうか?

主たる業務の中で付帯業務として行うなら、貸金業には当たらない。
但し程度の問題もある。

2016/5/21 06:53:21

(?′???)貸金業法でパクられると二度と貸金業を営む事が出来ないのですか?

刑の執行が終わってから5年だね。
法律上は。

2016/12/4 17:39:40

ずっとできないわけではないのですね。
回答ありがとうございました。>

貸金業法改正により、借り手の年収の3分の1以上は借入ができないそうですが、どこの銀行系のモノでもダメですか?わかる範囲で詳しく教えてください、お願いします。

貸付を年収の1/3までとする総量規制が適用させるのは、主に消費者金融などです。
銀行法下で運営されている金融機関は総量規制の範囲外となります。
銀行は当然そうですが、例えば新生銀行の運営するレイクなども総量規制の範囲外です。

2015/2/26 20:47:04

貸金業法の総量規制と銀行系のカードローンについて総量規制とは、クレジットカードと消費者金融の貸付高が、年収の1/3以上を超える場合は所得を証明する書類の提出が必要とあります。
これって、どうして銀行系のカードローンには適用されないんでしょうか?イオン銀行のカードローンなど・・・。
てことは、銀行系のカードローンだと、収入を証明する書類を提出せずに、いったいどれだけ借りることができるんでしょうか?どういうシステムになっているのか、興味がそそられてなりません。

貴方の質問文面にもあるように、「貸金業法」での総量規制ですから銀行(系)のカードローン等は「無関係」です。
リボ払い等の関連回答がありますが、それは質問者(貴方)の質問への適切な回答ではありません。
銀行は「銀行業法」で貸し付けしているので、消費者金融等が対象になる(改正)貸金業法は対象外で関係ありません。
1番わかりやすい例として、貴方も知っていると思いますが「レイク」は消費者金融で貸金業法で貸し付け業務を「していました」が業界の「掟破り」を実施して、現在は新生フィナンシャルとして貸し付けしており(レイクという呼称は現在も使っている)「銀行業法」での貸し付けなので、レイク=新生フィナンシャルは現在総量規制対象外での営業を展開しています。

2012/3/19 16:49:28

貸金業法の総量規制についての質問です。
借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されていますが、住宅ローン、自動車ローンについては、適用除外となっています。
住宅ローン、自動車ローン以外に適用除外のローンは、ありますか?

住宅ローンが総量規制対象ならだれだって家は持てないよ。
対象なら年収1億は必要だから債務者に有利となるおまとめは対象外です医療ローンもそうだね自営業は総量規制の対象外と言っても浮き沈みが激しい自営は審査自体がそもそも厳しい

2015/8/29 17:53:39

改正貸金業法総量規制について。
自分は学生なのですが、以前50万円のバイクローンを保証人なしで組んだことがあります。
(完済)今度はじまる改正貸金業法総量規制に照らし合わせると、今後は僕が学生である限り50万円以上のローンは組めない、という理解でよろしいのでしょうか。
年収の3分の1までという規制が僕の場合はどのように適用されるのかよくわかりません。
詳しい方、よろしくお願いします。

貸金業法(総量規制)が適用されるのは専業(プロミス・アコム・武富士・モビット・・・)とクレジット、信販会社(アプラス・セディナ・・・)のキャッシング枠についてです。
総量規制・・・年収の3分の1までしか借りられない。
例)あなたの年収が600万なら200万まで借りられます。
100万以上借りたい時は、「収入証明書類」を借りる会社に送らないと いけません。
学生さんということなので、キャッシングはなかなか難しいと思います。
(一部の学生ローンを除いて)ほとんどのキャッシングは「定期的な収入がある方」が対象ですので。
モノを購入するときのローンは他の方のコメントにもありましたが、「個品割賦」というローンになり、割賦販売法の範囲になります。
割賦販売法についても改正され、2010年12月頃から確か総量規制みたいな規制がしかれます。
(実質の総量規制とも言われていますが、そこまで厳しくありません。
)>今後は僕が学生である限り50万円以上のローンは組めない→割賦販売法は主婦(無収入者)でもローンが組める枠組みです。
全くローンが組めなくなるわけではありません。

2009/10/25 18:16:43

改正された貸金業法について教えて下さい。
貸金業法の改定で年収の三分の一までの借入と言う事でしたが、例えばカード会社(JCBやVISA)などのカードでショッピング利用残高48万円、キャッシング4万円の残高で他に借り入れのない場合は、『借入金』はいくらになるのでしょうか?ショッピング利用残高も『借入金』に入るのでしょうか?例えばこの場合は総借り入れが52万円となり、年収が150万円としたら、この他に30万円程の別のショッピングローンは組めないと言う事になるのでしょうか?よろしくお願いします。

答えは前者は「わかりません」です。
後者は今のところ審査次第です。
ショッピングは貸金業法と別の法律で管理されるので全然別ですし、貸金業法では極度額で判断します。
わかりやすく言えばキャッシング枠です。
年収が150万なら50万までのキャッシング枠(複数カードがあればその足し算)が限度になります。
また、今年末までに割賦販売法が施行され、審査の厳格化が行われます。
この場合は年収から生活費とクレジット残を抜いた支払可能見込額で判断するのが原則です。
が、まだ施行されていないので、あなたがローンを今組む場合はそこまで厳密には判断しないでしょう。
なお、ローン申し込みの書類に書く借入金は(この例だと)4万になります。

2010/9/24 16:15:37

貸金業法適用外の金融機関に勤めています。
弁護士受任案件の場合、弁護士は本人の代理権を有しているので、交渉等は弁護士と行いますが、司法書士の場合、書類作成代理人なので、債務者本人と接触を図ることは可能でしょうか?貸金業法では基本的に弁護士であろうが司法書士でろうが本人に督促等接触を計ってはいけないとなっていますが。
司法書士について態度が悪い方が弁護士より多く感じており、その場合は、債務者と接触しようと考えていますが、可能でしょうか。

140万円までなら司法書士も代理権があるから、直接債務者と接触するのはできないと思う。
140万円を超えているなら、司法書士に代理権はなく、単なる書類作成人に過ぎないけど。

2017/3/7 16:53:02

今後、銀行にも貸金業法が適用されたと仮定します。
それに対しどう思いますか?現在、審査が甘いカードローンで自己破産する人達が増えています。
銀行は自主規制を始めているようですが…。
消費者・貸金業社・銀行の利益をほどよく保つために貸金業法は最適か?その結果、経済と生活に与える影響はどう出るのか気になります。

少なくとも業者側に規制をかけた所で大した意味はないね。
馬鹿な消費者を減らさない限りね。
世界と比較し、金利が安いのに、破産手続ききは安易過ぎる、それに甘やかされだ馬鹿ばかりですからね。

2017/7/23 09:58:42

-貸金業法

© 2021 中国が民主化すれば世界は良くなる件