貸金業法

収入証明書についての質問です 先日、で収入証明書について質問...貸金業法

携帯割賦が複数台あり150万くらいCICに載っていると、年収が300万で総量規制が審査落ちの原因になりますか?先日、異動が消えたのでクレジットに申し込みしましたが全て落ちています。
入金マークは$とたまにAがある程度で、A並びというわけではないです。
せっかくブラックじゃなくなったと思いましたが今後通るにはどうしたら良いでしょうか?よろしくお願い致します。
補足総量規制に携帯割賦の分も含めてとは知らず多数に申し込んでしまいました。
150万の他社借入れと記入もしないといけなかったということなのか、申込みブラックになってしまった可能性も高いですよね。

総量規制の対象となる借入は、消費者金融及びクレジットカード等のキャッシングやカードローンです。
貸金業法が適用される所謂ノンバンクの借入が対象で、携帯電話端末の分割払いは、割賦販売法が適用される個品割賦(ショッピングローン)ですので、対象となる法律が異なります。
従って先の回答者様のおっしゃる通り、総量規制による審査否決ではありませんが、支払いに度々遅延があることと、法人契約なら不自然ではありませんが、個人での150万もの複数台の携帯電話契約自体が懸念された可能性が高いと思われます。
尚、クレジットカード等の申込時の他者借入額の申請は、ショッピングローン残債額は無関係です。

2018/7/5 16:50:02

詳しいご回答ありがとうございました。総量規制と割賦販売法についても分かりやすくやっと理解できました。しばらく支払いに専念してまた機会を見て申し込もうと思います。>

貸金業法についての質問。
基本的なことですが、教えてください。
貸金業法は、「キャッシング払い」が対象の法令で「ショッピング取引(リボ、分割、ボーナス払い」は、割賦販売法の対象であり、貸金業法には含まれない。
という認識なのですが、貸金業法の過去問に、「極度方式基本契約(リボ)」についての問題が載っているのはどういうことなのでしょうか?初心者なので、分かりやすく解説をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

資格試験に関連してのご質問ということですが、私は当該資格を保有しておりませんので参考程度にお願いします。
極度方式基本契約とは、「あらかじめ定めた条件にしたがって金銭を返済することを条件に、借りることのできる金額を決め(極度額)、その金額内で、貸し付けること。
」とあるように、当にリボ契約そのものを堅苦しく説明したに過ぎません。
この「あらかじめ定めた条件」というのは、「マイペイすリボ」だとか「ミニマムペイメント方式」「支払い名人」だとか色々と愛称を付けちゃっていますが、「**万円の債務があるならば最低でも//円をお支払いください」ということです。
そして極度額とは当にキャッシング契約をした際のキャッシング枠であり、枠を付与されたならば好きな時に借り入れることができるわけです。
「キャッシングリボ」と検索したら色々と検索結果が出てきますが、ショッピング枠にしてもキャッシング枠にしても支払い方が多様化している現在、リボ=ショッピング枠という認識では不足、ということではないでしょうか。

2016/10/31 22:30:44

カードローンには銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがあり、総量規制のある貸金業法は、消費者金融系カードローンだけを縛った法律だと聞きました。
では、クレジットカードはどうなのでしょうか?クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の縛りがありますよね?銀行が発行しているクレジットカードは、何の法律が関係あるのでしょうか?銀行法ですか?貸金業法ですか?

クレジットカードで使えるのは、ショッピングとキャッシングですが、これらは別物として扱われます。
ショッピングは割賦販売法、キャッシングは貸金業法の規制対象となります。
ですのでクレジットカードで買い物(ショッピング)だけをしている限りは、貸金業法での規制はありません。

2016/12/30 13:06:45

貸金業法について質問があります。
「貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければならない」とありますが、これはひとつの業者から借り入れを行った場合によるものなのか、複数業者から借り入れを行ない、その合計額を指しているものなのかを知りたいです。
お分かりになる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

当該貸金業者なので、その契約をした貸金業者になります。
普通に考えて他社の借入状況(変動)は信用情報機関に照会しなければ笑えるわ解らないのただから当たり前の話です。

2015/9/26 17:36:26

貸金業法ってありますよね。
年率がいくらまでとか、取り立ての方法とか…なんか色々と厳しいし…最近は、法律事務所も金利の回収とかをやっててウザいし。
で、ふと思ったんだけど…クレジットカードが使える人限定で…今すぐに現金が欲しい人に対して、1万円を2万円で売るとか可能なんかな?ちょうど、クレジットカードを切れる立場にいます。
まっ、現金をそのまま渡すのは嫌なんで…何かの商品に1万円を入れて、それをクレジットカード決済で…今、まさに現金が入る人に売る!なんか、利息制限法にも引っかからないし、いい感じだとは思いませんか??

やめとけ、つかまるよ、そんなの、昔からあるやり方。
なんにも、新しくないから

2017/11/20 02:08:33

そうなん。でも、なんの罪で捕まるの??ある商品を2万円で売るけど…偶然、中に1万円が入ってただけじゃん。要は、パチンコ屋と換金所みたいな感じかな。>

貸金業法に触れない借入は銀行系カードローンしかないのですか?

銀行、信用金庫、労金、農協などです。
一般的なのが銀行と信用金庫でしょう。

2014/9/14 23:04:33

スポーツクラブより、会費の督促電話が昨日21:17にありました。
貸金業法では21時以降の督促が禁じられていますが、スポーツクラブでは対象外なのでしょうか?支払いの意思はあります。

こんにちは。
スポーツクラブは、貸金業ではありませんから「貸金業法」は適用されません。
しかしながら、督促の電話が、毎日複数回の電話がある場合は、別の法律が適用されます。
こう言った料金などの督促は、スポーツクラブだけでなく、ガス料金やエステなどの、あらゆる債権回収に適用されます。
内容的には、社会通念上に於いて、不適当と考えられる時間帯に電話や訪問・FAXなどを行い、相手の平穏な生活を阻害すると判断される場合は、「迷惑防止条例違反」となります。
今回の場合は、もともとスポーツクラブの債権回収を規制する法律はありませんが、悪質な業者を取り締まる場合には、貸金業法で規制されている、「夜9時~朝8時までは電話などは出来ないと言う法律」を、スポーツクラブに対しても「準用・類推適用」されると言う事になります。

2014/10/22 14:31:01

貸金業は何故登録制度があるのですか?出資法あるから貸金業法とか必要ないと思いますが

さらに言えば利息制限法もありますよね。
利息制限法も出資法も利率と罰則を定めます。
貸金業法は、登録とか、事業報告の提出とか、「業」者に対する監督官庁としての管理に関する定めをしています。
一般的な法のつくりとして、〇〇法があって、〇〇業法(業者としての定め)を置くのが普通です。
こうした管理が全くいらないのであれば、当然不要です。
貸金業者に監督官庁としての管理が全く不要と思いますか?もし本当になかったら、世の中、大変なサラ金地獄になるような気がしますね。

2018/4/10 21:56:44

貸金業法には100万円以上の借り入れは年利15パーセント以内と記載されているのですが、130万円を年利18パーセントで借り入れていた場合過払い金は発生するのでしょうか?

>>130万円を年利18パーセントで借り入れていた場合過払い金は発生するのでしょうか?まぁ、3%分は毎月払いすぎてると言う状態にはあります。
債権者に電話連絡でもして引き下げて貰えばOK。
その際、超過分は払い過ぎとして返済分に混ぜて貰えばOK。
因に、過払いかどうかと言うのは、債務額を既に払い込んで完済してるような状態にないと過払いとは言いませんのでご注意を。
払いすぎた利息を元金返済に充当させてもまだ負債が残っている場合、それは単に債務圧縮等と称する感じになります。

2015/7/30 00:30:09

ご回答ありがとうございます。私もその認識なんですけど業者に過払い金の事を聞いても教えてくれないんです。弁護士等に相談せずに自分で解決する方法は無いでしょうか?
ちなみにまだ返済中ですが年利15パーセントで再計算した場合は債務分をオーバーして返済しています。>

収入証明書についての質問です先日、で収入証明書について質問したものです もし仮に複数会社から借り入れを行っており、いわゆる多重債務に陥っている場合、途上与信などで収入証明書が必要になることはあるのでしょうか? また、カードのショッピング枠の利用については収入証明書は不要ですが、途上与信の際にはショッピング、キャッシング関わりなく収入証明書は必要でしょうか 仮に収入証明書が必要になるとして、源泉徴収票の発行が難しい場合、明細書のみでも可能なのでしょうか また貸金業法対象外である銀行系カードローンやキャッシングで仮に法定途上与信があるとして、その場合にも収入証明書の提出を求められることはあるのでしょうか よろしくお願いします

貸金業法上、必要となります。
多重債務かどうかは関係ありません。
カード会社のキャッシング、サラ金のキャッシングですね。
収入証明は源泉ですが、ない場合の取り扱いは各社により異なるかと考えます

2016/12/6 13:44:49

ありがとうございます>

-貸金業法

© 2020 中国が民主化すれば世界は良くなる件