貸金業法

法律に詳しい方に質問です。 中古車販売を行っております。自社ローン...貸金業法

貸金業法で、第16条の2(保証契約締結前の書面の交付)では、 ・・・・・・締結するまでに・・・第17条(契約締結時の書面の交付)では、 ・・・・・・遅滞なく・・・と矛盾しているんでは・・・・。
第16条の2(保証契約締結前の書面の交付)貸金業者は、貸付けに係る契約について保証契約を締結しようとする場合には、当該保証契約を締結するまでに、 内閣府令で定めるところにより、次に掲げる事項(一定の範囲に属する不特定の貸付けに係る債務を主たる債務とする保証契約 にあつては、第3号に掲げる事項を除く。
)を明らかにし、当該保証契約の内容を説明する書面を当該保証契約の保証人 となろうとする者に交付しなければならない。
第17条(契約締結時の書面の交付)3 貸金業者は、貸付けに係る契約について保証契約を締結したときは、遅滞なく、内閣府令で定めるところにより、 当該保証契約の内容を明らかにする事項で第16条の2第1項各号に掲げる事項(一定の範囲に属する不特定の貸付けに係る 債務を主たる債務とする保証契約にあつては、同項第3号に掲げる事項を除く。
)その他の内閣府令で定めるものを記載した 書面を当該保証契約の保証人に交付しなければならない。

矛盾はしておらず、むしろ保証人トラブルを防止する為の規制強化が規定されているものと考えられます。
つまり、貸金業法の16条の2と、同法17条は、保証人との保証契約の締結の「前」と「後」で、2度、債権者と保証人との間で締結する保証契約の内容について保証人に確認させ、後日のトラブル防止を目的としています。
即ち、16条の2では、保証人に対し「あなたが今から契約する保証契約の内容はこうなっています」という具体的保証内容の中味について、確認してもらい、保証契約の締結後には、「実際にあなたが契約をした保証契約の内容・中味はこうなっています」ということで、再度確認してもらう2度の内容確認を規定しているのです。
保証契約とは、本来保証人の債務ではないにも係らず、主たる債務者(本人)が支払えなくなったりした時に、本人に代わってその債務を肩代わり(負担)する契約ですので、保証人になる人も他人事では済まされないものです。
ですから、保証契約を締結する前と、保証契約締結後遅滞無く、文書(書面)で保証人に契約内容の詳細について、認識してもらい、後日のトラブルを防止する為の法律の定めなのです。

2009/8/14 23:41:01

私の知り合いが、数人にお金を貸し利息を取っています。
たとえば、50万円貸したら月に1万円の利息です。
完済するまでですから、毎月5万円を返すことにすると、利息を含め6万円を10回払いで完済です。
その数人という線引きが曖昧なのですが、友達と知り合いの線引きはどうきめるのでしょう?顔見知りだけなら貸金業法に触れないのか、業として見られるかが、よくわかりません。
また、友達も知り合いもOKなのかです。
複数なら友達でも業として見られますか?

50万円融資して月に1万円の利息ですか、 法律上、貸金業の利息は、実質年率20.0%が法律の上限になります。
50万円の融資だと8333円が利息になります。
月額8333円利息で 実質年率20%の計算になりますね。
実質年率24%が友人がやっている利息になりますね。
借り入れ残高X実質年=年間の利率金額÷12ヶ月=1ヶ月の金利の利息ですね。
仕事なら、法律を超えるグレーゾーン金利になります。
実質年率20.0%が上限ですから2010年6月から施工されたのです。

2016/12/14 21:39:46

返済残高が減りながらも 金利は1万円というのは、完全に法律違反ですね。>

貸金の債権譲渡について教えてください。
民法では債権譲渡は譲渡人が債務者への通知もしくは債務者の承諾となっておりますが、貸金のテキストとか過去問を見ると、監督指針(金融庁の?)では債権譲渡は債権譲受人が債務者へ貸金業法24条2項の通知(契約締結時の書面に相当する書面)を通知しないといけないと書かれています。
実際には、債権譲渡人も譲渡した旨を債務者に通知しないといけないし、債権譲受人も債務者に契約締結時の書面に相当する書面を通知しないといけないということでしょうか?それとも、貸金の場合は、債権譲受人のみが債務者に上記の書面を通知すれば、債務者が承諾しようがしまいが債務者に対抗できるということでしょうか?法律素人ですが、貸金を受けないといけないので、つまらない質問かと思いますが、よろしくお願いいたします。

大きな文房具店かネット販売で日本法令の「日本法令【通常3~4営業日】 契約31 債権譲渡契約書」を購入し、相手に内容証明で①債権譲渡の連絡②債権譲渡契約書を別途、送付している旨の記述。
を書いた内容証明を送付します。
内容証明には同封できないので、債権譲渡契約書は「簡易書留」か「配達証明」で別で送付します。
後は相手の出方 次第で、記入された物の返信があれば、債権譲渡は可能です。
相手と会えるなら、送付でなくても、会って喫茶店で書いてもらえばOKです。
あと、相手の身分証明証のコピーと印鑑証明の原本1通は受け取りましょう。
無いと ただの紙切れになる事が多いので。
そして使う印鑑は お互いに実印でないとダメです。
貸し金額が50万円以下の場合は少額訴訟をすれば、簡単な手続きで、裁判所が債権を回収してもらえます。
あくまでも貸した証拠書類など全てある前提です。

2014/11/15 23:52:35

自分が消費者金融に借り入れの申し込みをしたら、第三者に通知が行くようにする事など可能なのでしょうか?5年ほど前、3社計150万円程借り入れがありました。
月々の支払いは自分でなんとかしていたのですが、ある時それが父にバレてしまいました。
父は「それじゃキツいだろうから全部返済してやる。
そのかわりもう借り入れは出来なくするからな」と言いました。
そして消費者金融にいって、全額の返済と私名義での今後の借金の制限&借り入れ申し込みがあった際、父への通知が行くように設定をしたと言っていました。
本当にそのような制限を、一般人が裁判等の手続きを取ることなく娘とはいえ他人に掛けることが可能なのでしょうか?というか法的な手続きを取ったとしても出来ないような気がするのですが。


ご教授お願い致します!

別に法に触れて居る訳でも有りませんよ。
極 普通 一般的な事です但し 貴方様の様に代位弁済が無いと難しいですね。
その後本人からの借り入れ申し込みが有った場合 直ちに代位弁済者に連絡します。
我々業者は 代位弁済され もう貸さないでくれ と言われたら 融資出来ないんですね業法の短い条文に触れます(貸金業法 第一条 目的 意味 意義 消費者の保護) この次辺りの短い条文ですですから 法には触れませんこの業界では 一般的な事です。
実の娘 だからこその 親心ですね只①もう 借りられ無い様にしてくれ②もう 何処も借りられ様にしてくれ①と②の違い①該当機関 社内情報②事故番号 打ちます (業界では番号は別の言い方)信用情報機関に事故情報が通知されます。

2014/6/2 13:55:04

親友が100万円相当のダイヤを質に入れて毎月5800円の×2年間利息支払いしました 質屋に出しに行くには9万円支払えと言っています (昨日出しに行こうと) この質やは貸金業法に違反していますか?金利的に親友が100万円相当のダイヤを質に入れて毎月5800円の×2年間利息支払いしました 質屋に出しに行くには9万円支払えと言っています (昨日出しに行こうと) この質やは貸金業法に違反していますか?金利的に補足追記です100万円相当の物預けてその時に7万円貸してもらい以後2年間利息支払いました今回ダイヤ出すのには9万円支払えと。
またダイヤ預けているとき預け人死亡したらダイヤ所有権は質屋になるとの事です。
利息的には問題ありませんか?

質屋は質屋営業法が適用されますから、年利109.5%が上限です。
(日歩三銭)従って違法ではありませんし、貸金業者ではありませんから貸金業法は適用されません。
管理する手間もありますから許容されている面はありますが、個人的には利息制限法に抵触する可能性があると思います。
もっとも質屋で利息制限法遵守だとほとんど潰れますが。
ちなみに違法だとする司法判断はなかったはずです。

2012/6/16 18:59:02

クレジット会社の審査に重要な信用情報機関「割賦販売法及び貸金業法に基づく指定信用情報機関」についてクレジットカードやクレジットローン系は株式会社シー・アイ・シー(CIC)が多いですよね?稀にJICC日本信用情報機構というのを耳にしますが、この情報機関はシー・アイ・シー〔CIC〕の関連企業でしょうか?それと、もう一つの信用情報機関全国銀行協会(全銀協)との関連はありますか?

割賦販売法に基づく指定信用情報機関はCICだけ。
www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/112-1siteisiny...貸金業法に基づく指定信用情報機関はCICとJICCです(リンクは金融庁じゃないですが)。
www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sak/shinyo-joho.htmだから、クレジットカード会社はすべてCICに加入してます。
CICにしか加入していないカード会社でも貸金業法の審査に必要なデータはFINEという仕組みでJICCと共有しています。

2014/4/14 18:59:03

いわゆる町金から借金して土地に抵当権をつけられ、土地の名義人が債務者でしたが、名義人が死亡して今回相続するのですが、完済したという話は聞いていましたが、抵当権は付いたままで、抹消書類も完済した証拠の書類もありません。
死亡して4年ほど経っていますが、請求は一度も来ていません。
債権者にいまさら抹消書類が欲しいと言って請求しても問題ないでしょうか?(完済の証拠がないので、まだ債務があるとか?)

町金が闇金(無登録金融業者)でないかぎり、貸金業法に基づく貸金業者ですので、貸金業者は同法に従い、債務者が完済した場合は遅滞なく債権証書を返還する義務があります。
その際に債権証書と併せて抵当権関係書類と抹消委任状を交付(郵送)しますで、故人が交付を受けている可能性が高いと言えます。
見当たらないのであれば、貸金業者に問い合わせをすればよいと思います。
貸金業者は、同法の適用を受けるとともに金融庁の監督下にありますので、劇画的な対応をすることはまずありません。
また、延滞すれば督促の後、延滞が続くのであれば競売の申立てをしますので、死亡して4年も対応がないことはまずありません。

2015/8/5 11:07:44

これは弟から聞いた話なんですが雇用主が雇用者お金を貸すとき雇用主が貸金業法のなかでの法律上利子をつけなくてはならないそうですがその内容が本当か嘘かわからないので雇用主がお金を貸付するとき利子が必要か貸金業法に知識のあるかたに教えて頂きたいです

何ですかそれ?なぜ貸金業者でない会社が従業員にお金を貸す際に貸金業規制法が関係あるなんて話になるのか、さっぱりわかりません。
また、会社そのものが貸金業者である場合でも、貸す相手が自社従業員の場合は貸金業規制法は適用除外になります(貸金業規制法2条1項4号)。
民法と商法に、特に利率を定めずに貸し借りした場合は利率を年5%(民法適用時)または6%(商法適用時)とするという話はありますが、弟さんがおっしゃる趣旨の話は聞いたことがありません。

2011/3/6 15:44:36

オートローンについて質問です。
学生の頃、衝動的に自動車をフルローンで購入しました。
当時アルバイトだった私は父を保証人とし、オリコから融資を受けております。
購入金額は100万でローン返済総額は150万と50万の高利息です。
期間は4年で返済明細がないため金利は不明です。
当時は信用もないしそんなものかと思っていたのですが、完済間近で無駄な支払いをしてしまったことを後悔しています。
今回の質問は①学生から社会人に上がったのですが 途中から属性が良くなったと見なしてもらい 金利が途中から下がらないのか②ローン計算すると金利20%近くなるのですが これは法定金利越えではないのか。
※当時は2011年です。
そろそろ完済なので、当時の無知の高い勉強代だと思っておりますが何かできることはないでしょうか。
アドバイスよろしくお願いいたします。

①できません。
②消費者金融の借り入れに関連する貸金業法が改定され、2010年に完全施行されたことはニュースなどで知っている人も多いでしょう。
現在の法定金利は、貸金業法で厳密に定められています。
具体的には、借り入れが10万円未満の場合は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%を超えて、利率を設定してはいけないと規制されています。
とありますが例外などもあります。
オリコは違法行為はしないと思いますよ。
リスクが大きすぎます。

2015/9/23 21:54:09

ありがとうございます。オリコは大手なのでないとは思いますが、再度返済明細を発行してもらいます。>

法律に詳しい方に質問です。
中古車販売を行っております。
自社ローンをやろうと思うのですが、何か資格?届出が必要でしょうか?貸金業務取扱主任者とか必要なんでしょうか?金利もとっても良いのでしょうか?ネットに掲載して堂々としたいと思っています。
よろしくお願いします。

貸付を業として行う場合は貸金業としての登録が必要です。
貸金業を始める条件○貸付業務経験平成19年12月19日に施行された貸金業法により、新規で貸金業申請を行う場合、次のとおり貸付業務に従事した経験が必要となります。
個人登録の場合:申請者が、貸付業務に3年以上従事した経験あること 法人登録の場合:常勤役員に、貸付業務に3年以上従事した経験があること また、個人登録、法人登録を問わず営業所毎に、貸付業務に1年以上従事した経験のある者が1名以上いることが必要となります。
○財産的基礎要件 純資産額が5000万円(H22.6.18以降)必要。
○貸金業務取扱主任者 貸金業務取扱主任者の国家資格試験に合格し、登録完了した者を営業所に1名以上おく必要があります。
ちなみに貸金業務取扱主任者試験は合格率25%くらいです。

2014/8/8 16:46:49

-貸金業法

© 2020 中国が民主化すれば世界は良くなる件