貸金業者

管理業務主任者と貸金業務取扱主任者だったら、 どちらも業界未経験の...貸金業者

まるっとらいふでお金を借りようと思っていますが詐欺ではないですか?

貸金業を行う場合には、登録を受けなければなりません。
借り入れを行おうとする業者が登録業者であるかどうか「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ最新情報を確認しましょう。
↓で検索出来れば金融庁に登録されています。
(確認出来れば安心して借入できます)登録貸金業者情報検索サービス・・・www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

2016/4/10 14:19:27

過払い金について。
昔、マルイのカードでキャッシングをし全て完済した後カードを折り使用はしていなかったねですが、またマルイのカードを再び作りキャッシングをしております。
こういった場合、以前のキャッシングまでさかのぼり請求できるのでしょうか?以前のキャッシング完済から10年は経っております。

「取引の分断」「取引の中断」で検索してみてください。
貸金業者側は「完済時点」で「2つの別の取引」と主張し、前回の分は時効を盾にして支払いを拒否してきます。
これは裁判でも争点になり得て、引き伸ばしや、最悪の場合は別取引扱いの判決になることもあるそうです。
ちなみに、過去に当方が知人の過払い金返還請求を手伝った時に、「二社相手、長期間借入で過払い金額が大きかった」ので弁護士に依頼しましたが。
一社が一時期に完済状態になり再びの借入したことを、相手側が分断として裁判で主張されたようですが、クレサラ専門の弁護士だったからか慣れたもので、一連の取引としてやり込めて、結果的に二社ともに満額を取り返してくれました。
※満額・・・かなり前の話しです。

2016/6/19 22:04:54

銀行が直接発行するクレジットカード以外は貸金業者発行なので信用情報上はサラ金と同じですよね?

銀行も保証会社はサラ金なんですがそうでしょう

2016/5/28 20:54:26

株式会社アップス、という金融会社について教えてくれませんか?商売をしています近頃株式会社アップスという会社からよく電話がかかってきますいざ、という時のための運転資金の融資の案内ですこの世知辛いご時世、興味がないわけではないのですが、いかんせん聞いた事のない会社名なので少し不安ですどなたかご利用になった方があれば教えて頂ければ幸いです

ここで登録貸金業者情報検索ができます。
clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php一度試してはどうでしょうか?

2012/9/9 10:51:29

公正証書の借用書をつくってもらうのですが、保証人も一緒に同行する必要があり、保証人が仕事と住んでる場所により簡単に来れません。
必ずしも同行しなければいけませんか?補足埼玉浦和公証センターです。

公正証書作成には二回役場に行きます。
その際一回目は委任状を作成しても無理です。
理由は貸金業法改正あたり、貸金業者は「特定公正証書作成委任状の取得が原則禁止」になりました、しかしその規制を回避する潜脱行為防止の為に、公正役場において「委任状による公正証書作成依頼は受けない」との通達が発せられました。
なので二回目の時は一回目に公証人を前に代理人指定の手続きて代理人を立てる事は可能だが、申込時は本人同席が必須になるはずです。

2016/6/10 18:11:17

司法書士事務所のアルバイトの面接を受けた者です。
面接で、借金はあるか?(借金をしたことがあるか?)と聞かれ、いいえと言ってしまったんですが、大学の時に学生ローンで借金をしていまも返済中です。
クレジットカードの明細等も採用の際には提出しなければいけないのですが、ひっかかったり、ばれたりするのでしょうか?

貸金業者は督促のために職場に電話や連絡をすることが禁止されていますので、通常はバレません。
ただしあなたが支払いを滞ったりすると、給料を差押、仮差押などされることがあります。
その場合は勤務先に当然通知が行きます。
またクレジットカード会社からキャッシングなどしていれば、当然明細に載りますので、明細を見せればバレます。
なお仮にバレたとして解雇されるかどうかはケースバイケースと思われます。
借金を抱えていることが司法書士の補助者として重要なことか、就業規則に触れているななど、総合的に判断されますので、一概に言えません。

2014/8/20 12:25:44

クレジットカード申し込み時の他社の借り入れ状況について。
資格の予備校に通うのに、授業料を毎月分割で払っています。
あと、10万円くらいです。
これは書かなくてもいいでしょうか?会社で作るように言われているカードで上司に見られるかのうせいがあるので、審査結果に影響があまりないなら書きたくないです。
補足書かないことで、審査に落ちるほどの重大な過失になりますか?

貸金業者や銀行からの無担保融資の総額を書くのであって、予備校の授業料は無担保融資ではありません。
知恵マスさんのおっしゃる通り、無担保融資以外の債務も書かせるクレジットカード会社もありますから、申し込み用紙や申し込み用紙に付帯されている規約をよく読んで下さい。
無担保融資の総額を書かせるのは‘正直度チェック’です。
クレジットカード会社が審査の際、調べればわかることですから、極端に違う数字を書くと信用度が下がります。

2013/3/12 21:35:24

過払い金についてコマーシャルなどで、よく耳にしますが折り込みチラシのもあったので見てみると、10万円借りて、20年ぐらい過ぎて返済完了し、過払い金が220万ある?ような内容でしたが、本当なら、そうなる前に気づきませんか?いくら高利貸しといえど、まともなところから再度借りて一時払いすれば、20万ぐらいですみそうですけど。
補足払わなくてもよかった額が220万円なら、ほんとは250万ぐらい払ったのかな?10万円借りて、よく250万円も返せましたね。
そうなるのが当たり前だと思ったのかなあ、よく払えたなあ、と思います。

変な数字なので、念のために計算してみました。
(本当は計算するまでもありませんが)昔の貸金業者が一般的に設定していた年利29%で10万円を借りて、20年間毎月借りては返すを繰り返して、常に10万円ぎりぎりまで借り、20年後に全額一括返済して、そこではじめて過払金の存在に気づいて過払い請求したという前提の計算をしてみました。
こういう状況が、たぶんその話通りの場合の過払金の額が最大になる状況のはずですから。
これで計算してみると、利息も含めた過払金の額は66万円程度になる計算がでました。
その10年後の時効ぎりぎりまで待ってから過払い請求したなら利息が増えますが、それでも92万円程度です。
大手の貸金業者ではない、街の貸金業者の場合は、40%なんて極端な高利を取っていた例もありましたから、念のために、そちらでも計算してみましたが、20年後に完済したときの過払金は104万円。
その10年後の時効ぎりぎりになると利息が増えて142万円。
いずれにしたって、とても220万円なんて大きな金額の過払金にはなりませんよ。
それにこれはいずれも現実離れした極端な例を設定した場合ですから、現実にはこんな大きな数字になることはほとんどありません。
つまりその話は、どうみても作り話としか思えず、そう考えるのが自然です。
それに、それが法律事務所の折り込みチラシにあったものなら、そもそも、そんな現実離れした数字で依頼者を釣るような不真面目な法律事務所が、依頼者のために、まじめに裁判を戦って利息も含めた全額を回収するなんて、とても思えませんので、実際にそんなところに依頼した場合に戻ってくる金なんて、ほとんど期待できません。

2015/2/16 15:46:53

無知なので教えてください。
会社に互助会があり(毎月500会費としてはらってます。
)その互助会から互助会貸付というのがあります。
現在、自己破産の申し立てが受理され管財人がついている状態です。
2月に債権者集会が予定されてます。
その最中に互助会貸付からお金を借りた場合どうなりますか?信用情報とか開示して審査するんでしょうか?いけない事とわかってはいるんですが、生活費としておろしてあったお金、全額を飲みに行った時カバンから紛失してしまったので。
どのみち他はブラックになってるのでお願いします。

貸金業者に勤めているわけではないですよね?ならば勤務先が信用情報の会員になっていることはないので「信用情報とか開示して審査」ということはありません。
会社の互助会が破産開始決定の出たあなたにお金を貸すことができるのは、「いざとなれば給与から引ける」担保があるからです。
・・・かといって新たな借入はしてはいけないことになっていますよね?管財人さんや申立代理人に聞いたら「借入はしてはいけない」といわれるでしょう。
いけないとわかっていてなぜここで聞くかなぁ?

2015/12/15 08:00:27

管理業務主任者と貸金業務取扱主任者だったら、どちらも業界未経験の場合、どちらの資格が、就職や転職、再就職の役に立つと思われますか?

求人募集が多い、転職組が多いのは、管理業務主任者です。
また、「1つの会社で長く勤めたい」のであれば、断然、管理業務主任者でしょう。
貸金業務取扱主任者は、貸金業の企業では必要の資格ですが、これからのご時世、いわゆるクレジット会社やサラ金には厳しい時代しか無いことは間違いありません。
弁護士も司法書士も過払い金の返還で報酬を得るのに必死ですし。
貸金業には総量規制もありますし、なにより金利が高いので、銀行系の保証会社のような企業でないと淘汰されてていく業種でしょうね。
大手の貸金業者(○○ムや○○○ルなど)は、銀行のカードローンの保証会社に身を変えています。
JCBやVISA、Masterなど超大手は提携カード会社と相乗りして、顧客数も膨大で、とにかくクレジットカードは買い物には便利ですので生き残るでしょうけど、中堅、地方の貸金業者は、これからますます生き残るのには厳しい時代です。
ちなみに、銀行業には総量規制はありません。
確かに銀行等も貸金業務取扱主任者の国家資格を行員に取得するように奨めてはいますが、この資格が必要なのは、クレジット会社やサラ金の会社です。
新卒ならともかく、中途採用でこの業界に行こう、行きたい、という人も少ないように思います。
一方、管理業務主任者の資格は、分譲マンションが増えるに連れて、仕事も増えていくマンション管理業で活躍する資格です。
また、マンション管理業、管理業務主任者で求人検索をしますと、大手企業の子会社であったり、商事会社の子会社など、社会的信用の高い企業の系列子会社が多くあり、求人募集もけっこうあります。
貸金業務取扱主任者も管理業務主任者も、どちらも「必置資格」と呼ばれる一定数の有資格者の設置が義務づけられた国家資格ですが、管理業務主任者の場合、宅建のように、マンション管理組合と管理受託契約を結ぶ際に、重要事項の説明、契約書への記名押印、また年に1度開催しなければならない総会では報告時に報告者は資格者証を提示しなければ過料という罰則がある、有資格者でないと報告が出来ないという「独占業務」を持っています。
ですので、管理業務主任者の有資格者の求人募集が断然多いわけです。
そして、今後も分譲マンションは増えていきますし、古い建物では、大規模改修の工事を提案したり、取り壊し・再建築等の業務も出てきて、今後「儲かる業界」であることは、間違いありません。
マンションは管理を買え、とも言われるようにマンション管理は衣食住のうちの「住」を支える重要な仕事です。
また、マンション管理業に勤めていますと、必ず、「転勤することになったので、賃貸したい」「売却したい」という話も出てきます。
そうなりますと、やはり「宅建(宅地建物取引士)」の国家資格も必要となってきます。
マンションの管理会社は、中古マンションの販売も取り扱っています。
なお、マンション管理士は名称独占国家資格と言いまして、名称だけが国家資格です。
必置資格でも独占業務を持つ資格でもありません。
ですので、宅建・管理業務主任者の2つの不動産系国家資格を取ったあとに、何かもう一つ欲しいなと思ったときにでも取得すればよい資格です。
また、管理業務主任者の資格は「仕事に繋がる資格」「仕事に就ける資格」とも言われています。
それは、管理業務主任者の有資格者は、未経験でも採用されるからです。
また50代の方でも未経験で採用される業界でもあります。
それはなぜか。
マンション管理組合の理事長や理事と設備や定期点検の話し合いをよく行います。
また、分譲マンションには、色々な職業、色々な諸事情を抱えた住民が住んでいます。
ですので、転職歴が多い人=色々な職業を経験しているので会話が弾む。
40代、50代の転職組の人=さまざまな経験が豊富で、これも会話が弾む。
日常、人と接する仕事なので、コミュニケーション能力が高い、経験が豊富な人が管理会社にとっても有り難いわけです。
そこで、中高年でも有資格者であれば正社員での採用、ある程度の所得を得る道に繋がっているわけです。
このように、管理業務主任者という国家資格は、今も、そして今後も「職業に繋がる資格」ですし、「仕事に就ける資格」「正社員になれる資格」「収入も、職業も安定を得られる資格」ということで、衰退に向かう業界とは比べものにならない「これからの国家資格」ということですね。

2016/9/28 00:38:36

-貸金業者

© 2020 中国が民主化すれば世界は良くなる件